プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

三井情報株式会社

三井情報、稲畑産業のSAP S/4HANAへのコンバージョンを9か月で完遂

– 同時にMicrosoft Azure環境へ移行し、SAP S/4HANAをマネージド型で提供 –

2020年12月24日
三井情報株式会社

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 三井情報)は、稲畑産業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:稲畑 勝太郎、以下 稲畑産業)が海外拠点10ヵ国で利用する基幹システムをSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)が提供するSAP® ERP からERPスイート「SAP S/4HANA®」へ9か月でコンバージョンしました。本プロジェクトでは「MKIマネージドサービス for SAP S/4HANA®(以下 本サービス)」が採用され、基幹システムのコンバージョンと同時に基盤をMicrosoft Azure(以下 Azure)に移行しています。

 2027年のSAP ERP製品保守期限の到来に備え、国内でもSAP ERPを利用する約2,000の企業がSAP S/4HANAへの移行を検討しています。稲畑産業ではSAP ERPをプライベートクラウドで利用していましたが、SAP S/4HANAへのコンバージョンにあたり複数のマネージドサービスを比較し、個社要件への柔軟性と今後のサービス範囲の拡大を視野に入れ本サービスを採用しました。本サービスはSAP関連の機能が拡充しているAzure基盤をベースにSAP S/4HANAをマネージド型で提供しており、一般的なPaaSで対象外となる移送管理やユーザ管理等も標準サービスに含むため、情報システム部門の負荷を大きく削減します。三井情報ではSAP S/4HANAへのコンバージョン方法を体系的に標準化し、強固なアライアンスを組む印・テックマヒンドラリミテッド※の豊富なリソースとSAP知見を融合することで、コンバージョン期間の大幅な短縮とコスト低減を可能にしました。また本サービスは基幹システムとAzure基盤に加えて一部周辺システムもマネージドサービスとして利用可能なため、稲畑産業では運用にかかるリソースとコストの削減にも繋がりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239085-O3-qt654eCx
■利用イメージ

 三井情報は本プロジェクトを通して得られた知見を活かし、SAP ERPからSAP S/4HANAへのコンバージョンを検討する企業を強力に支援していきます。

※ テックマヒンドラリミテッド:インド大手IT企業で2017年より三井情報と共同でSAP社製ERPの保守・運用サービスを提供。

【関連ページ】
MKIマネージドサービス for SAP S/4HANA®: https://www.mki.co.jp/solution/sap_forazure.html

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)はキャッチコピー『ナレッジでつなぐ、未来をつくる』を掲げ、ICTを基軸とした事業戦略パートナーとしてお客様のIT戦略を共に創り、デジタルトランスフォーメーションを支援しています。半世紀にわたり培った技術や知見の結実である“KNOWLEDGE”を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」として絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp/

【稲畑産業株式会社について】
稲畑産業は情報電子、化学品、生活産業、合成樹脂、といった事業分野で常に斬新なソリューションやサービスを追求しています。1890年の創業以来、高度な専門知識やノウハウに基づくビジネスプランニング、マーケティング、製造や物流を通し、幅広いニーズに応えるべく努力を続けてきました。今後とも皆様に信頼され、一層お役に立たせていただけるパートナーでありたいと願っています。
ホームページ: https://www.inabata.co.jp/

 
※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 
【製品に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社
商社営業本部 商社第三営業部
TEL : 03-6376-1113  E-mail : erp-sales-dg@mki.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ