プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロン ヘルスケア株式会社

カゴメ×オムロン ヘルスケア×大和総研  3社対抗「ベジ選手権4週間チャレンジ with HeartGuideⓇ」を開催

社員の健康維持・促進を目的に野菜摂取量と血圧測定回数を競い合う

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、カゴメ株式会社、株式会社大和総研の3社による3社対抗企画「ベジ選手権4週間チャレンジ with HeartGuideⓇ」を開催しました。本企画は、カゴメが20年1月から始めた野菜摂取促進活動「野菜をとろうキャンペーン」の重要施策である「企業・団体との野菜摂取推進プロジェクト」の7番目の企画で、10月23日(金)から11月19日(木)までの1か月間、野菜摂取量と血圧測定回数を3社で競い合いました。

本企画は、自社社員の健康維持・促進を目的に、「野菜をとろうキャンペーン」を推進するカゴメと、その賛同企業である大和総研、当社の有志社員を募り、野菜摂取と血圧測定を通じて、自分の健康状態を知り、あらためて考える機会としました。当社のウェアラブル血圧計HeartGuideⓇを使って、毎日、朝晩と日中の血圧を測るとともに、カゴメの野菜摂取量推定器「ベジチェックⓇ」と、大和総研・カゴメが共同開発した食生活の自己管理アプリ「チーム対抗! ベジ選手権Ⓡ4週間チャレンジ」を使った野菜の摂取量やベジチェックの数値変化等をポイント化。アプリの活用や、企業対抗のチーム戦とすることで、参加者のモチベーションを向上させ、野菜摂取、血圧測定の習慣化を目指しました。

総合優勝は、オムロン ヘルスケアBチーム。

ベジチェックの数値は、スタート時の平均6.3から、終了時には7.6と1.3ポイント上昇。
1日の平均血圧測定回数は5.7回と、朝・晩に加え日中の血圧測定も3回以上測定するなど、野菜摂取や血圧測定の習慣化を図ることができました。

当社では、事業ビジョン「ゼロイベント(脳・心血管疾患の発症ゼロ)」の実現に向け、健康経営を推進するパートナーとともに、これからも社員の健康管理、生活習慣の改善に貢献していきます。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229026-O1-SLMsA649

【3社対抗 ベジ選手権 結果】
1.総合優勝
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229026-O2-1D5HeKBe

2.血圧測定順位
 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229026-O3-HUXOHoaH
(採点方法)
開催期間中の血圧測定の回数で順位を決定。
血圧は1日を通して常に変動しています。
自分の血圧の傾向を詳しく把握してもらうため、測定のタイミングは「起床時」「10時」「12時」「14時」「16時」「18時」「就寝時」を推奨しました。

(結果)
1日の平均血圧測定回数は5.7回でした。朝晩の血圧測定に加え、日中の血圧を測定することで、普段気づかなかった血圧の変動、自分がどのような時に血圧が上がるのかなど、新しい気づきがありました。

3.野菜摂取順位
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229026-O4-kjwlQ2G2
(採点方法)
野菜摂取量を手計する際の単位「ベジハンドⓇ」(1ベジハンド=約60g)の数、アプリに毎日出題される野菜クイズへの回答、チームメンバーの登録頻度、「ベジチェック」の値と改善幅をもとに順位を決定。

(結果)
1日の平均ベジハンド数(1ベジハンド=約60g)は「6.7」となり、1日の野菜摂取目安350gを上回りました。また、ベジチェック数値は、スタート時の平均6.3から、終了時には7.6と1.3ポイント上昇しました。

【ご参考】
本企画では、各社10名の社員が1か月にわたり1日平均5.7回の血圧測定を行い、日中や休日の血圧データも収集することができました。血圧測定結果の分析から、「平日と休日の血圧」について紹介します。

平日/休日の血圧 : 3社とも、休日よりも平日の血圧が高くなる傾向がある。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229026-O5-SIxWqC7C

 

 

 

 

 

 

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ