プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

2作品が「ウッドデザイン賞2020」を受賞しました

2020年12月23日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

2作品が「ウッドデザイン賞2020」を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、独自開発の耐震部材「木鋼ハイブリッドブレース」と当社施工の「奈良の木を使用した移動式仮設体育館」において、「ウッドデザイン賞2020」(※1)を受賞しました。
 これにより、当社は同賞2度目の受賞となります。
※1. 特定非営利活動法人活木活木森ネットワーク、公益社団法人国土緑化推進機構、株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所で構成される「ウッドデザイン賞運営事務局」が主催。林野庁の補助事業となります。

 2015年に開始したウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みについて、特に優れたものを消費者目線で評価する顕彰制度です。これによって“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。今回は計191作品が受賞しました。

<ウッドデザイン賞2020 ライフスタイルデザイン部門 技術・研究分野>
■「木鋼ハイブリッドブレース」について
 「木鋼ハイブリッドブレース」は、日本初の拘束材に集成材を用いた座屈拘束ブレースです。大規模な商業施設や事務所などに適用可能な耐震部材で、ヒノキやカラマツなどの木質材料を用いることで、木のぬくもりを感じられる空間を演出することができます。
 また、拘束材に木質材料を採用しているため、従来の鉄骨構造による座屈拘束ブレース(※2)と比較して、製造時に生じる二酸化炭素排出量を最大で65%低減できます。
※2. 座屈拘束材にモルタルや鋼材を使用している座屈拘束ブレース。

<ウッドデザイン賞2020 ソーシャルデザイン部門 建築・空間分野>
■「奈良の木を使用した移動式仮設体育館」について
 「奈良の木を使用した移動式仮設体育館」は、奈良県産の杉を使用した奈良県立奈良高等学校の体育館です。シザートラス構造(※3)を採用しており、木の構造体を表し(※4)に使うことで、木の香りやぬくもりを感じられる空間としました。
 天井には、グラスウールボードを組み入れて仕上げることで、高い吸音と断熱性能を実現しています。また、壁材には、熱可塑性(※5)プラスチック「中空ポリカーボネート」を採用し、自然採光や耐衝撃性を向上しました。
※3.集成材を鋏(シザース)のように組み合わせ、織り上げるように形成する三角形を単位とした構造の骨組み。無柱の大スパンが可能になり、天井高のある大空間を実現できる。
※4.柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げる手法のこと。
※5.加熱によって軟化することで成形できるようになり,冷却すれば固化する特性を有する樹脂のこと。

 今回、当社が技術開発および施工した2作品が木を使って人の心を豊かにし、身体を健やかにしているものとして評価され、「ウッドデザイン賞2020」を受賞することとなりました。今回の受賞を励みに、今後も当社は高品質な木造建物の供給や技術開発を進めることで、心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指します。

■「木鋼ハイブリッドブレース」
https://www.daiwahouse.com/about/release/house/20190808103149.html

■「奈良の木を使用した移動式仮設体育館」 
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/woodenarchitecture/case05.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ