プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ICICI Bank

ICICI Bankがインドで事業を立ち上げる外国企業向けの総合オンライン・プラットフォーム「Infinite India」を開始

AsiaNet 87370 (2509)

 
【ムンバイ(インド)2020年12月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*このプラットフォームは銀行業務と付加価値サービスを提供
*こうした便宜を提供するインド初の銀行

ICICI Bankは、インド事業を開始または拡大する外国企業向けのオンライン・プラットフォームの立ち上げを発表した。「Infinite India(無限のインド)」と呼ばれるこのプラットフォームは、銀行ソリューションならびに事業主体の法人化、法人登記、ライセンスと登録、人事サービス、コンプライアンス、課税などの付加価値サービスを外国企業に提供する。業界初の構想である「Infinite India」プラットフォームは、多数のタッチポイントと調整する必要性を解消し、手間をかけずにインドで事業を行う体験を実現し、外国企業に大きな利便性を提供する。

「Infinite India」構想は、同銀行がインドに進出する外国企業/多国籍企業に提供している多数の技術対応サービスの一環である。これらの技術対応サービスは、重要な分野である多国籍企業セグメントにおける同銀行の地位を強化することを狙いとする。関係スペシャリストの専任チーム、技術対応サービスの包括的なスイート、およびグローバルフットプリントの活用によりインドに関連する事業を推進し、ICICI Bankはインドの多国籍企業との強力な関係を築き続ける。

ICICI BankのエグゼクティブディレクターであるVishakha Mulye氏は、今回の立ち上げについて以下のようにコメントした。「ここ数年、インドは有望な外国投資先として浮上してきた。われわれは若い人口構成、堅固な消費者需要、政府の支援イニシアチブがインドの経済見通しを大きく押し上げてきたと考えている。また、世界銀行の『事業の行いやすさ』調査におけるインドの位置付けは過去数年間に大幅に向上し、インドで事業を立ち上げる外国企業を引き付けている」

「これらの改善されたシナリオの中で、当行は外国企業向けにさまざまな銀行サービスと付加価値サービスを1つのプラットフォーム上に統合した『Infinite India』ポータルを立ち上げる。このプラットフォームは時間のかかる手続きから企業の余力を解放し、全体的な生産性と効率を向上させることで事業成長を促進する。「Infinite India」ポータル構想は、インドに進出する外国企業との提携を目的とした技術対応サービスをさらに強化するための当行戦略の一環である。このセグメント向けに特化した戦略により、インドでの事業の開始または拡大を目指す外国企業の行程がさらに簡素化されると確信している」

付加価値サービス:外国企業が受けるエンドツーエンドのサービスは、アドバイザリーから特定領域の専門家とのつながりに及び、専門家は事業主体の法人化、法人登記、ライセンスと登録、人事サービス、コンプライアンスおよび課税などで企業を支援する。これらの付加価値サービスは、主要なクラウドベースの企業会計と法人サービスの企業と提携して利用することが可能である。同銀行はプラットフォーム上のさまざまなサービスを拡大するため、より多くのパートナーを構想に迎える予定である。

銀行サービス:ICICI Bankは外国企業のあらゆる銀行ニーズに応えるため、金融分野の全範囲をカバーする幅広い商品とサービスを提供する。このサービスは、コーポレートバンキング、パーソナルバンキング、財務業務、貿易サービス、デジタルチャンネルであるインターネットバンキングとモバイルアプリケーション、API統合、専任マネジャー付きのカスタマイズされた当座預金口座、事業所開設の承認などの銀行サービスに及ぶ。

世界中のIT、ITESサービス、製造、医薬品、自動車、繊維などあらゆる産業の多国籍企業は「Infinite India」ポータル(http://www.icicibank.com/infiniteIndia )にアクセスし、必要なサービスを申請できる。

▽メディア問い合わせ先
corporate.communications@icicibank.com

ボイラープレート条項および免責事項は以下を参照:
https://www.icicibank.com/managed-assets/docs/about-us/2020/boiler-plate-and-disclaimer.pdf

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1390094/ICICI_Bank_Logo.jpg

ソース:ICICI Bank

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ