プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社主婦と生活社

【『arweb』リニューアル!】20代女性を対象に、常にトレンドを発信し続ける雑誌『ar』の公式Webサイト

1000以上のヘアカタログも兼ね備えた「ヘアコンテンツ」に注目!

2020/12/23
株式会社主婦と生活社

株式会社主婦と生活社が運営する、20代女性に向けた雑誌『ar(アール)』の公式WEBサイト『arweb(アールウェブhttps://ar-mag.jp/)』 を12月22日(火)にリニューアルし、サイトデザインを刷新致しましたので、お知らせいたします。 

 
◆『arweb』とは?◆
『arweb』は「今の自分を好きになる」ための20代女性に向けたコンテンツメディアです。
2020年で本誌『ar』が25周年を迎え、本誌・WEBともにリニューアル。すべての女の子が、“今の自分”に少しでも自信を持ち、仕事も恋愛も充実させていけるよう、ヘア・ファッション・ビューティなど多角的な視点からコンテンツを提供。
「モテたい」「人から良く思われたい」という他人軸の視点にとらわれず、「こんな、私好きかも!」と“自分軸”の視点で女の子の毎日がきらめくような体験を記事、デザイン、動画、写真でお届けします。

◆リニューアルのポイント◆
[サイトデザインについて]
常に“自分に合う情報”がオススメとして流れるYouTube・TikTok世代に向け、UI/UXを刷新。本誌の世界観と寄り添うよう、画像で訴えかけるデザインとともに、情報の導線にこだわりユーザーの見たい情報にすぐたどり着けるようこだわりました。 

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012218971-O1-7evCFMF0
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012218971-O2-zZgQCrKs
[ヘアコンテンツについて]
ヘアコンテンツでは、『ar』が厳選した人気サロン発のヘアカタログが充実。画像をスワイプすることで次々にオススメのヘアが出てくる“画像レコメンドシステム”で、SNS世代へアプローチします。自分のなりたい髪型がより見つかりやすくなりました。
また、1000以上のヘアカタログから独自に作成するまとめ記事も豊富。流行に敏感な若者の”イメチェン欲”をいつでも刺激します。

 
◆本誌『ar(アール)』について
本誌『ar』は、2020年9月12日発売の10月号で創刊25周年を迎えました!
発売中の最新号(2021年1月号)の表紙は浜辺美波さんで、『ar』の公式Instagramでのオフショットは大きな話題を呼び、ネット書店では一時完売になりました。
環境や気持ちの変化が起きた2020年で、何かや誰かを「好き」という素直な気持ちを大事にするようになった読者に「愛(スキ)にあふれた2021へ」というメッセージを込めた1月号になっております。
※発売形態/月刊(毎月12日発売)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012218971-O3-LPYc1z73
◆『ar』各種サービス
公式SNSサイト:https://ar-mag.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/ar_magazine/
公式Twitter:https://twitter.com/ar_mesugirl
公式LINEアカウント:https://lin.ee/7lhhOp3
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCjQL5O3wfFTdq34K9gAj2tA

arweb_SP
arweb_PC
armagazine
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ