プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

VLAM / Belgian Meat Office

OIEはベルギーのASFフリーのステータスを再認定

AsiaNet 87381

OIEはベルギーのASFフリーのステータスを再認定

国際獣疫事務局(OIE)は、ベルギーに生息するすべての猪豚類においてASFフリーのステータスを発表しました。

ブリュッセル、2020年12月23日/PRニュースワイヤー/ —

2020年12月21日に、国際獣疫事務局(OIE)は、ベルギーに生息するすべての猪豚類においてASFフリーのステータスを発表しました。このステータスは、野生イノシシ群にけるASFの発生のために、2018年から取り下げられていました。
このOIEの発表に先立ち、ベルギー連邦フードチェーン安全庁(FASFC)は、ベルギーが一年以上ASFウイルスフリーであること(ASFウイルスフリーのステータスを主張する必須条件)を証明するのに必要なあらゆる情報をOIEに提出しました。
この全期間を通し、ベルギーは家畜豚をASFウイルスから守ることに成功しました。

決定的かつ一貫性のある対策により、野生イノシシ群におけるASFを根絶

2018年9月にウイルスの発生が確認されてから、ベルギーは野生イノシシ群におけるASF(アフリカ豚コレラ)の根絶を目指す戦略を策定してきました。幅広い措置および対策が実行されました。フェンス網、森への立ち入り禁止、集中的捜索・殺処分計画、狩猟および罠など、これらは全てこの目標達成を成功させる鍵となりました。

僅か一年で、新たな陽性症例は見つからなくなりました。計5,422頭の野生イノシシがASF検査を受け、そのうち833頭が陽性と判定されました。2019年8月11日を最後に、野生イノシシの新鮮な死骸から陽性症例は確認されていません。

最も重要な事実:家畜豚は常に保護され、ASFウイルスフリーのステータスを維持

ベルギーはヨーロッパにおいて主要な豚肉生産国の一つであり、豚肉製品の3分の2以上を輸出しています。この重要なセクターを保護するために、家畜豚への感染を回避することが極めて重要でした。

既に整備されていた包括的なバイオセキュリティ規則に加え、追加措置が実行されました。その一つとして、病気に罹った豚は症状の有無に関わらずASF検査を必ず受けなければならなくなりました。今まで採取した検体の数は22,000個以上に及び、全て陰性でした。今もなお採取し続けています。

継続的な監視および管理を通し、高い警戒レベルを維持

ASFウイルスフリーのステータスを取り戻してもなお、家畜群および野生群両方において、ベルギーは今後も家畜の伝染病を監視し続けます。サーベイランスおよび管理対策は、当分の間有効に存続します。

EU法では、すでにベルギーのASFウイルスフリーのステータスを回復

OIEの発表は、野生イノシシにおけるASFウイルスの発生後に制定された規制区域を廃止する2020年11月20日付けの欧州委員会による決定に続いて行われました。

ベルギー産豚肉は、また世界中で入手可能に

過去数十年にわたり、ベルギーは世界70か国以上に豚肉を輸出してきました。ベルギーは世界中の貿易パートナーと透明性をもってやり取りするので、輸入国は貿易再開に必要なあらゆる情報をすぐに受け取れます。

「OIEがベルギーのASFウイルスフリーのステータスを発表したことに、ベルギーの豚肉サプライヤーは安堵の声を上げました。輸入国がASF関連の規制を撤廃できるように、必要な情報は全て提供されます。これは輸入業者にとって素晴らしいニュースです!」

ベルギーの豚肉サプライヤーと連絡を取る

ベルギー産豚肉に関する詳細情報は、以下のウェブサイトをご参照頂くか、ベルギー食肉事務所までご連絡下さい。
europeanpork.eu
artofmeat.eu
belgianmeat.com

プレス窓口
ベルギー食肉事務所 所長 ヨ―リス・クーネン(Joris Coenen)
電話番号 +32 476 945 486 joris.coenen@vlam.be

 
ベルギー食肉事務所について
ベルギー食肉事務所は、ベルギー産豚肉および牛肉の輸出業務を調整しています。2003年に、VLAM(フランダース農産物販売協会)の傘下に食肉輸出の事務局として設立されました。| www.europeanpork.eu

 
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1390928/VLAM_Belgian_Pork_1.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1390929/VLAM_Belgian_Pork_2.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ