プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本車輛洗滌機株式会社

国内最初の洗車機メーカー 第3波コロナウィルスに挑戦

人間洗浄機大幅モデルチェンジ 初詣参拝者の安心に愛宕神社納入

2020年12月22日
日本車輌洗滌機株式会社
https://www.ns-jcw.co.jp/

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229023-O3-11u7WM0F】 

 
日本車輌洗滌機株式会社(にほんしゃりょうせんじょうき)(本社:東京都江戸川区、代表取締役:増田尚弘)は、車両及び車両部品の洗浄設備、排水リサイクルシステムの設計・製造・メンテナンスを主たる事業として行っています。

今春(2020年4月下旬)緊急発表し、各メディア様に「人間洗浄機」として、取り上げて頂いた、人体(衣類・靴)に付着したウィルス・細菌を、衣類を着たまま歩行する事により、洗浄装置で除去する事を目的とした装置『ウオッシュミスト』ですが、
今冬、大幅な能力UPをし、モデルチェンジを行いました。
また、少しでも安心した初詣・参拝をして頂く為に、愛宕神社(あたごじんじゃ)(住所:東京都港区愛宕一丁目五番三号)様の要請により、2020年12月26日~2021年2月中旬(予定)まで、愛宕神社境内に設置致します。

■モデルチェンジについて(改良点 ハイライト)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229023-O4-q77WCg7G】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229023-O5-1SkszX05
1.旧機では機械全長4Mでしたが、新型機では最も小さいタイプで、機械全長70CMになり、とてもコンパクトになり、設置スペースの問題が軽減されました。

2.噴射される液剤粒子径が、旧型機では140μm(マイクロメートル)でしたが、新型機では最小3μm(マイクロメートル)(※細菌と粗同等の大きさ)にて噴射可能になりました。粒子が小さくなった事により、衣類に付着した際の「濡れ」感が無く、僅か数ccで衣類への噴霧が可能となりました。

3.噴射液剤量が、旧機(80cc)と比較し、モデルチェンジ機(10cc)と削減に成功しました。

■愛宕神社 設置について
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229023-O6-uG2AegH9】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229023-O7-z19grO32
弊社は、昭和37年 NHK発祥の地「愛宕山」に、日本で初めての乗用車用洗車機を納入致しました。
愛宕神社様から、ウオッシュミスト設置の要請を頂いた際、弊社歴史の出発地から、再度お声を掛けて頂いた御縁に感謝し、要請を快諾させて頂きました。
2021年の初詣は例年と異なる事と予想されますが、少しでも、参拝に来られる方の御心配を軽減出来たらという神社の思いを、境内空間監視を請け負う旧知であるデザイン会社アンドシナジーより相談を受け、今回に至りました。

■日本車輌洗滌機について   https://www.ns-jcw.co.jp/ 
日本車輌洗滌機(株)は1947年に日本で最初に洗車機を設計・開発したメーカーです。
日本国内では大手鉄道・バス・運送会社への、車両・部品洗浄設備の開発・納入、国外でも各国への鉄道会社・バス会社・運送会社へ多数の納入実績があり、洗浄設備では、世界のトップメーカーの一つです。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ