プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEが5G SA商用展開に関するホワイトペーパーを公表

AsiaNet 87353 (2502)

 
【深セン(中国)2020年12月21日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は、5G SA(スタンドアローン)商用展開に関するホワイトペーパーをリリースし、Mobile World Liveによって報じられた。このホワイトペーパーは、SAが5Gのターゲットアーキテクチャーであり、5Gアプリケーションの価値を完全に実現する強固な基盤を築くことを明らかにしている。

ホワイトペーパーは、シームレスなカバレッジ、マルチRAT共存、エンドツーエンドネットワークスライシング、5Gビジネス向けネットワーク、サービスアプリケーションに及ぶ5G SAの課題およびソリューションを詳述している。

シームレスなカバレッジについて、フレキシブルなフルシナリオカバレッジ、アップリンク強化テクノロジー、高周波・低周波の座標ネットワーク向けのシリーズ化された5G NR製品のような3つの要因がコスト効率に優れたシームレスなカバレッジのカギとなる。

同時に、コンバージェントアーキテクチャー・コアネットワーク、NSA/SAデュアルモードBTS、SuperDSSはマルチRATネットワークの共存およびスムーズな進化を実現できる。

5Gの極めて重要な機能であるネットワークスライシングは、エンドツーエンドネットワークおよびマネジメントシステムで実現されている。エンドツーエンドスライシング、ライト5GC、統合UPF、MECなど、いくつかの最先端テクノロジーおよび製品は産業向けプライベートネットワーク展開およびサービスアプリケーションに導入されてきた。

さらに、このホワイトペーパーは、天津スマートポートの岸壁クレーンの5Gリモートコントロールや、ZTEの5G設備が5Gネットワークによって効率的に製造されているZTE南京スマートファクトリーなど、成功を収めた数々のビジネス向け5Gアプリケーションも紹介した。

さらに、ホワイトペーパーは、3GPP R-16ベースの5Gネットワークが2022年に商用利用され、5Gアプリケーションの価値をさらに追求すると予測している。

5G SA商用展開に関するホワイトペーパーにアクセスするリンクは以下の通り。
https://www.mobileworldlive.com/standalone-5g-now-ready-for-prime-time

ZTEは、消費者、事業者、企業、公共部門の顧客に対する高度通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズのテクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。通信および情報技術の分野が集約していく中で、ZTEは卓越性と価値をもたらすため、顧客に統合的なエンドツーエンドのイノベーションを提供することに全力で取り組んでいる。香港と深センの証券取引所(H share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ)に上場しているZTEは、160以上の国で製品とサービスを販売している。

▽メディア問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ