プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Soul App

中国テック・スタートアップ専門メディア36Krが主催する「WISE2020新経済之王」で、Soul(ソール)アプリは「最も影響力のある会社」に選ばれた。

AsiaNet 87333

中国テック・スタートアップ専門メディア36Krが主催する「WISE2020新経済之王」で、Soul(ソール)アプリは「最も影響力のある会社」に選ばれた。次世代のソーシャルメディアのトレンドを導くように。

【上海2020年12月21日PR Newswire】中国のトップインターネットメディアの一つである36Krは最近「新経済の王が到来」というテーマの「WISE 2020」を開催した。会議中、アーバンイノベーション、長期的価値、産業革新、サプライチェーンコラボレーションなどを含めた話題が取り上げられ、「WISE 2020」も新経済の王ランキングのトップ10社を発表した。Z世代愛用のソーシャルメディアであるSoulアプリは一新したエンタメ業界とメディア業界で最も影響力のある会社に選ばれた。過去十年間にわたるソーシャルメディアの変化にとって、Z世代が新しいソーシャルメディアトレンドの急上昇に寄与したとSoulアプリは信じる。

中国では、一部のソーシャルプラットフォームは既存する人間関係をオンライン化するユーザーニーズに応える一方で、オンライン関係を現実化するソーシャルプロダクトも続々と現れてきた。そのため、中国の大部分のソーシャルネットワークプロダクトは本質的にオフラインのニーズと繋がっている。それは平均年齢の高い初期ユーザーの社交上の習慣として、オンラインソーシャルプロダクトとオフラインの暮らしの間で緊密な繋がりがあることが原因であると考えられる。

しかしながら、インターネットはZ世代にとって、既に実生活の補足だけではなくなり、実生活と並行する存在で、同じ重要性を持つものである。中国社会科学アカデミーの研究によると、2018年ではインターネットに接触する中国の若世代の平均年齢は6~10歳に下落した。それに、Z世代を囲むインターネット環境が提供する幅広い情報や文化コンテンツを一回利用したら、再利用のニーズも出てくる場合、ソーシャルネットワークはそのニーズを満たす最も重要なアプリの一つである。簡単な機能を備えるソーシャルネットワークより、Z世代のユーザーたちはコミュニティ感や帰属感をもたらす有意義なオンラインソーシャルコンタクトの方を好むと言われる。この前のソーシャルメディアにとって難点とみられていた。

Soulアプリの創立者である張璐(ジャン・ルー)氏は創立の本心について、いつでもどこでも気軽に書き込み、素早く返信を受けるプロダクトを作ることであると説明した。Soulアプリでは、二つの方法でそれは実現できる。考え方や出来事をシェアする公共空間である「広場」で書き込めながら、1対1のチャットにマッチすることもできる。どちらにしても、ユーザーの趣味、個性、自分の選択や他の意義ある特徴に基づいてマッチングすることこそ基本的なアルゴリズムである。

マッチングを実施するとき、ユーザーの容姿によるインフルエンスを各種な手段によって消すことはSoulアプリの方針である。また、Soulアプリではコンテンツが人気順で表示されるわけではなく、バランスを取って平均的に配布するメカニズムを使うので、ユーザーの書き込みが見られる優先度に人気の干渉も低減されるようになった。

Z世代が集まる場所として、Soulアプリのソーシャル環境にはネットワーキングやコミュニティという二つの重点がある。自由な情報共有やチャットマッチングで、同じ趣味や嗜好を持つユーザー達が次第に集まり、様々な話題について熱烈な討論を行うコミュニティやネットワーキンググループに進化していく。

Soulアプリでは、ユーザーたちが自分の投稿した内容にタグをつけることで興味ある話題を定義してから、同じ趣味を持つ人たちに伝えるのができる。Soulアプリが用意した音楽・文学・歴史・映画・ゲームなどのあらゆる人気話題に基づき、ユーザーの閲覧内容・コメント・チャットや検索などを通して好みを探し出し、自分にとっておもしろい人や内容を推薦されることが実現できる。ビッグデータ及びAI技術を使うアプリで、Soulアプリは引き続きマッチングのスピードや正確率を向上させるように頑張っていく。

将来、Soulアプリはソーシャル関係自体を有意義な社交に基づくサークルにさらに拡大しようとしている。このアプリはコミュニティや個人的な集団から始まり、プラットフォームにとっての所属感を育成し、最後はユーザーにアイデンティティを付与するプラットフォームを構築しようとしている。業界から見れば、Soulアプリは若年層のユーザーたちのために意義ある繋がりの需要を発見して満たすことで、Z世代のソーシャル競技場における成長価値がもたらす新しい機会が次々と現れ、将来もますます革新の大波に乗る見込みである。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ