プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

iChongqing

中国周遊:中国南西部の重慶体験海外メディアツアーが成功裏に終了

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012229016-O1-rLiH74ll

AsiaNet 87363 (2507)

 
【重慶(中国)2020年12月21日PR Newswire=共同通信JBN】
iChongqingが報じたニュース:

Courier誌エスペラント語版の編集人、Rafael Henrique Zerbetto氏は4日間のツアーを終えて、「重慶はもはや私の心にある。楽しい時間を過ごした。多くの人はとても親切で、ここには何度でも戻ってきたい」とコメントした。

PHOTO – https://photos.prnasia.com/prnh/20201221/3019401-1

重慶体験海外メディアツアー(Experience Chongqing Foreign Media Tour)代表団の集合写真には、中国駐在海外ジャーナリストで、12月15日から18日まで「中国周遊(Journey around China)」をテーマとするこのツアーに参加したRafael氏もいる。

4日間の訪問は6カ国、12の海外メディア機関がGuoyuan Port Multimodal Transport Base、ASEAN Commodity Centralized Purchasing City、Rongchang Pottery Museum(栄昌陶器博物館)などの拠点を巡って重慶の観光文化を徹底的に体験し、重慶開放の新興産業とプラットフォームについて理解を深めた。

Courier誌エスペラント語版の編集人、Rafael Henrique Zerbetto氏は、重慶はスマート産業、ビッグデータ・インテリジェンスで知られると記者に語り、重慶が3年連続してSmart China Expo(スマート・チャイナ・エクスポ)を開催したことから、このツアーが同市スマート産業の発展に対する長年の好奇心を満たしたと付け加えた。

また、訪問団はJinke Science and Technology Data Center、Chongqing Panhua Steel Sheet Co Ltd、Fuling Zhacai Groupも訪れ、地元のスマート工場を見学した。

ジャーナリスト一行は国の無形文化遺産指定の2製品、1000年の歴史があるRongchang pottery(栄昌陶器)とXiabu(呷哺、グラスリネン)を個人的に体験し、中国伝統文化を味わう楽しいひと時もあった。

Rafael氏は「今回は初の重慶訪問。いつも重慶がとても美しい都市と聞いており、それを直接目にすることができた。この旅を記事にするに際して、読者には重慶の美しい景観を見せて、地元企業が都市と世界の発展を力づけるさまに注目させたい。重慶に対する投資機会の可能性も報告したい」と続けた。

重慶体験海外メディアツアーは重慶市人民政府情報局、重慶市商務委員会、China Report Press、重慶日報グループの共催である。

イベントは日本経済新聞、韓国の朝鮮ビズ、シンガポールの聯合早報、マレーシアのザ・スター、ベトナム通信など12の海外メディア機関が参加した。

ソース:iChongqing

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=380930
写真説明:重慶体験海外メディアツアー代表団の集合写真

重慶体験海外メディアツアー代表団の集合写真
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ