プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

社会人の学び直し「KITリカレント教育プログラム」の 春期集中講義の募集を令和3年1月13日より開始。

社会人の学び直し「KITリカレント教育プログラム」の
春期集中講義の募集を令和3年1月13日より開始。
AIやIoTを基礎から応用まで学ぶ「情報技術教育プログラム」、
組織の活性化を図る「組織活性化と倫理プログラム」をオンラインで開講

 
金沢工業大学では、社会人が学生や教員と共に学び合う「KITリカレント教育プログラム」の募集を開始します。令和3年2~3月の春期集中講義期間にAIやIoTを中心とする「情報技術教育プログラム」11科目と、組織内の活性化を図る「組織活性化と倫理プログラム」1科目を開講します。

「KITリカレント教育プログラム」は、社会人が学生や教員と共に学び合い、企業ニーズに対応した知識の習得に加え、社会人が学生や教員と共に学び合いながら、学生・教員とのネットワークづくりと、習得した知識を活用した研究・開発による企業の成長をサポートするプログラムです。新型コロナウイルスの感染防止対策として、すべての授業を遠隔授業(自宅や会社からのオンラインで受講)とします。

「情報技術教育プログラム」は、製造業や金融業、サービス業や農業等といったすべての業界を対象に、AIやIoTを中心とする新しい情報技術を活用できるよう、AI・データサイエンス・IoT・ロボティクス・ネットワークセキュリティについて基礎から応用を学びます。

情報技術教育プログラム(11科目)
現在、急速に実現されつつあるSociety 5.0では、あらゆる「モノ」や「コト」がデジタルで表現され、AIやIoTを中心とする新しい情報技術が広く活用されると考えられています。このような社会では、製造業や金融業、サービス業や農業等といったすべての業界において新たな情報技術が導入され、結果として業務形態が大きく変わることとなり、新たな情報技術を身につけている人材が、新しい価値を創出できる人材として活躍することになります。金沢工業大学は、社会人が学生や教員と共に学び合いながらAIやIoTといった先進情報技術を身につけることができる教育プログラムを提供します。

募集期間 令和3年1月13日(水)~1月20日(水)
受講料 24,000円~30,000円 ※別途、検定料必要
受講期間 令和3年2月15日(月)~3月18日(木)
※科目によって開講日は異なります。

対象科目
【AIとビッグデータコース】
AI基礎/AIプログラミング入門/AI応用Ⅰ/AI応用Ⅱ/データサイエンス基礎/データサイエンス応用
【IoTとロボティクスコース]
IoT基礎/IoTプログラミング入門/エンベデッドシステム
【ICTと情報セキュリティコース】
情報ネットワーク基礎/ネットワークセキュリティ

募集要項URL
www.kanazawa-it.ac.jp/kit-ite/bosyu.html
ウェブサイトURL
www.kanazawa-it.ac.jp/kit-ite/

情報技術教育については動画でご覧いただけます。
KITリカレント教育 [情報技術教育] PV 
https://youtu.be/mJ4_lHgd1Kc

組織活性化と倫理プログラム(1科目)
少子高齢化による人手不足が課題となっている現代において、ビジネスの成否は「顧客満足度」のみならず、「従業員満足度」にも大きく関わってきます。「働きたくなる職場」をいかに構築するかが問われるなか、企業の生産性を上げるには、人手不足の現場で従業員の心身の健康度をも向上させるリ-ダ-の育成や、従業員が長く働きたいと思える職場風土をどのように作りあげるかがカギとなります。そこで本科目では、米国を中心とした先進国で活用が進むポジティブ心理学の応用となる組織活性化について取り上げ、主に①ポジティブ心理学の基本、②ポジティブ組織論、③ポジティブアプローチの手法について概説します。

募集期間 令和3年1月13日(水)~1月20日(水)
受講料 24,000円 ※別途、検定料必要
受講期間 令和3年3月3日(水)~3月10日(水)
対象科目  「ポジティブ心理学と組織活性化」

募集要項URL 
www.kanazawa-it.ac.jp/rec/liberalarts/index.html
ウェブサイトURL
www.kanazawa-it.ac.jp/rec/liberalarts/index.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ