プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社邑

ウイルスバスター除菌スプレー の販売が始まりました

ヒトコロナウイルスの不活化が確認できた ウイルスバスター(ボトル)除菌スプレー

株式会社邑(ゆう)
2020年12月18日
ウイルスバスター除菌スプレー の販売が始まりました
ウイルスバスター除菌スプレーのボトルでできた水がコロナウイルス(Human Coronavirus 229E ATCC VR-740 宿主細胞:MRC5 細胞    (ヒト胎児肺線維芽細胞) ATCC CCL-171)の不活化*1が確認できた ウイルスバスター(ボトル)除菌スプレーの販売がスタート

化粧品の製造、開発を手掛ける株式会社エイエムジー(代表取締役 長谷川 博紀 東京都文京区白山 1 丁目 28-10AMGビル)の製品販売業務を請け負う株式会社邑(ゆう)(代表取締役社長 長谷川 菜月 京都市中京区夷川通柳馬場西入百足屋町 158-4 )は、エイエムジー社が開発した除菌水を作れる「ウイルスバスターボトル」のWEBでの販売がスタートしました。
http://www.u-virusbuster.com/about/index.html【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012108371-O1-NqZ3BLSS】 希望小売価格 税別 1800円【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012108371-O2-DVwFfR2I

 

 

参考資料

*1
除菌成分(銅イオンと銀イオン)
殺菌力試験

1. 依頼者
株式会社エイエムジー
2.試験機関
試験機関 :株式会社ビズジーン
3. 試験概要
上記溶液の細胞毒性、及びコロナウイルスへの不活化効果を評価する。
4.試験対象菌株・細胞・ウイルス株
Human Coronavirus 229E ATCC VR-740
宿主細胞:MRC5 細胞(ヒト胎児肺線維芽細胞) ATCC CCL-171

抗ウイルス試験結果
銀イオン水溶液(0.05ppm)
銀イオン水溶液(0.02ppm)
製品内生成水溶液
精製水(control)
試験対照 (0.2% Fetal bovine serum Dulbecco’s Modified Eagle Medium)
感染阻害効果(%)
銀イオン水(0.05ppm)                99.3%
銀イオン水(0.02ppm)           99.9%
製品内生成水溶液(ウイルスバスターボトルに入れた水) 99.5%
コントロール(精製水)        0%
*感染力価はN=6の平均

※試験溶液において細胞毒性は認められなかった。

 

 

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ