プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

RedHill Biopharma Ltd.

RedHillの第2/3相フCOVID-19候補オパガニブは前臨床モデルでARDS関連の血液凝固を減少させます  

AsiaNet 87278

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)によって誘発される血栓症(血液凝固)は、ICU入室を必要とするCOVID-19患者の最大3分の1で発生する可能性があり、死亡の原因となっています

オパガニブは、ARDSの前臨床モデルで血栓症の減少を示しました

オパガニブは、関連する前臨床モデルにおいて、SARS-CoV-2ウイルス複製および炎症誘発性マーカーを阻害することも示されています

安全性と潜在的な有効性シグナルを評価する、重症COVID-19患者に経口投与されたオパガニブの米国第2相試験のトップラインデータは、11月26日に投与された最後の患者の最後の投与に続いて今月後半に予想されます

現在60%以上が登録されている重症COVID-19患者を対象としたオパガニブの世界的な第2/3相試験のトップラインデータは、2021年第1四半期に予想され、潜在的なグローバル緊急使用アプリケーションが続く可能性があります。

イスラエル・テルアビブとノースカロライナ州・ローリー, 2020年12月17日 /PRNewswire/ — RedHill Biopharma Ltd. [https://www.redhillbio.com/RedHill/ ](ナスダック:RDHL)(「RedHill」または「当社」)、専門のバイオ医薬品会社は、本日、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)における血栓症(血液凝固)の減少-血栓症(血液凝固)リスクを測定するために設計された前臨床動物モデル-を示す新規の経口投与スフィンゴシンキナーゼ2(SK2)選択的阻害剤(250mg / kgで投与)であるオパガニブの前臨床試験の有望な予備結果を発表しました。

この最新の発見は、SARS-CoV-2複製のすでに確立された阻害およびオパガニブによる過剰免疫応答の潜在的な減少に加えて、COVID-19患者に対するオパガニブの別の重要な潜在的利益を示しています。これらの予備的発見に続いて、血栓症の減少に関して、生理学的および薬理学的に関連する可能性のあるオパガニブ用量の範囲を評価するための追加の作業が計画されています。

「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)は、COVID-19疾患の最も危険な結果のひとつであり、重症のCOVID-19患者は、致命的な静脈血栓症や肺塞栓症のリスクが高くなります。現在、ARDS、特にARDS誘発性血栓症に対して有効であることが示されている医師が利用できる選択肢は非常に限られています」と、RedHillのR&D担当上級副社長であるReza Fathi博士は述べています。「私たちの試験の結果は、ARDSの前臨床モデルにおいて、オパガニブ250 mg / kgの血餅の長さ、重量、および総血栓スコアの低下を示しています。これは、オパガニブの既知の抗ウイルスおよび抗炎症活性に追加され、COVID-19疾患に関連する病態生理学的プロセスに対する独特の三重作用効果の可能性を提供します。宿主細胞成分を標的とするオパガニブは、ウイルス変異による耐性の可能性を最小限に抑える可能性があります。今月末までに、11月26日に最後の患者に最後の投与が行われた非動力米国第2相試験から、オパガニブの安全性と潜在的な有効性シグナルに関するトップラインの臨床データの洞察が期待され、2021年第1四半期には、有効性を重視しており、すでに60%以上が登録されているより大規模なグローバ第2/3相試験のトップラインデータが続きます。」

「この作業を実施するために使用したARDS血栓症モデルは検証済みであり、非常に予測的であり、オパガニブで見た結果は印象的であり、約束の理由を提供します」と、調査を実施したIPS Therapeutique Inc.でのトランスレーショナルリサーチディレクターであるSebastien Labbe博士は述べています。「結果は、予後が非常に悪い可能性がある重症COVID-19の患者の管理に使用するためのオパガニブの非常に望ましい潜在的効果への洞察を提供します。」

ARDS誘発性血栓症は、集中治療室(ICU)への入院を必要とするCOVID-19患者の最大3分の1、および入院患者全体の最大9%[1]で発生する可能性があり、予後不良と関連しています。前臨床試験は、COVID-19炎症を模倣できるARDSの信頼できるモデル[2]であるリポ多糖(LPS)誘発性肺炎症モデルにおいて、有害な血栓塞栓性その場のイベントの発生率を低下させるオパガニブの有効性を評価するために設計されました。

オパガニブの前臨床試験の結果は暫定的なものであり、最初の独立した分析の後に独立した第三者によって当社に提供され、追加のレビューおよび分析の対象となっています。このようなレビューと分析は、このリリースで開示された結果と矛盾する結果をもたらす可能性があり、将来の前臨床または臨床試験で再現されない可能性があります。

オパガニブは、新規の経口投与スフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)選択的阻害剤で、COVID-19疾患の原因と影響の両方に作用し、ウイルス複製に関与する宿主細胞成分を標的とし、ウイルス変異による耐性の可能性を最小限に抑える可能性があります。

重度のCOVID-19肺炎(NCT04414618) [https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04414618?term=NCT04414618&draw=2&rank=1 ] の患者を対象としたオパガニブを用いた米国の第2相試験では、40名すべての被験者の登録が完了し、最後の患者に最後の投与が行われました−トップラインのデータは今月後半に予定されています。この第2相試験は有効性を重視しておらず、安全性の評価と有効性シグナルの特定に焦点を当てています。

並行して、重度のCOVID-19肺炎(NCT04467840)[https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04467840?term=NCT04467840&draw=2&rank=1 ]の患者を対象としたオパガニブを用いた270人の患者のグローバル第2/3相試験への登録は60%以上完了しています。本試験はは6か国で承認されており、2021年の第1四半期にトップラインデータを提供する予定です。有効性評価に焦点を当てて推進されており、最近、14日間治療された最初の70人の患者の事前にスケジュールされた安全性レビューに続いて、独立したデータおよび安全性監視委員会(DSMB)による継続の全会一致の推奨を受けました。DSMBは、主要評価項目に到達した最初の135人の患者について、今月2回目の事前計画された安全性レビューを実施する予定で、その後、同じ患者からの有効性データの事前にスケジュールされた非盲検の無益性中間分析が行われます。当社はこのデータを知らされないままになります。

オパガニブ (ABC294640, Yeliva(R)) について

新規化学物質であるオパガニブは、COVID-19疾患に関連する病態生理学的プロセスに対して、宿主細胞成分を標的とし、ウイルス変異による耐性の可能性を最小限に抑える可能性がある独自の三重作用効果が実証されている、独自のファーストインクラスの経口投与スフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)選択的阻害剤です。オパガニブはまた、抗癌活性を示しており、複数の腫瘍学、ウイルス性、炎症性、および胃腸の適応症を標的とする可能性があります。

オパガニブは、重度のCOVID-19肺炎の治療を目的とした、世界的な第2/3相試験と米国の第2相試験で評価されています。さらに、胆管癌の治療薬として米国FDAから希少疾病用医薬品の指定を受けており、進行性胆管癌の第2a相試験と前立腺癌の第2相試験で評価されています。

前臨床データは、肺炎などの炎症性肺障害を軽減し、肺の線維性損傷を軽減する可能性があるオパガニブの抗炎症作用と抗ウイルス作用の両方を示しています。オパガニブは、COVID-19のウイルスであるSARS-CoV-2に強力な抗ウイルス活性を示し、ヒト肺気管支組織の試験管内(in vitro) モデルでウイルス複製を完全に阻害しました。さらに、前臨床の試験管内(in vitro) 試験[3]は、オパガニブがインフルエンザウイルス感染による死亡率を低下させ、気管支肺胞洗浄液中のIL-6およびTNF-αのレベルを低下させることにより、緑膿菌による肺損傷を改善することを示しました。

オパガニブは、もともと米国を拠点とするApogee Biotechnology Corp.によって開発され、腫瘍学、炎症、GI、および放射線防護モデルにおける複数の成功した前臨床試験、ならびに進行性固形腫瘍を有するがん患者を対象とした第1相臨床試験および多発性骨髄腫における追加の第1相試験を完了しました。

思いやりのある使用プログラムの下で、重度のCOVID-19の患者(WHOの順序尺度で分類)は、イスラエルの主要な病院でオパガニブで治療されました。オパガニブによる重症COVID-19のこれらの最初の患者の治療からのデータが公開されています[4]。治療結果の分析は、同じ病院からの遡及的一致症例対照群と比較して、臨床結果と炎症マーカーの両方で思いやりのある使用の下でオパガニブで治療された患者に実質的な利益を示唆しています。オパガニブ治療群のすべての患者は、挿管と人工呼吸を必要とせずに室内空気で退院しましたが、対応する症例対照群の33%は挿管と人工呼吸を必要としました。高流量鼻カニューレから離脱するまでの時間の中央値は、対応する症例対照群の15日と比較して、オパガニブ治療群では10日に短縮されました。

オパガニブの開発は、NCI、BARDA、米国国防総省、FDA孤児製品開発局など、Apogee Biotechnology Corp.に授与された米国連邦および州政府機関からの助成金と契約によってサポートされています。

オパガニブを使用した進行中の研究は、www.ClinicalTrials.gov に登録されています。これは、米国国立衛生研究所によるWebベースのサービスであり、公的および私的にサポートされている臨床研究に関する情報へのパブリックアクセスを提供します。

RedHill Biopharmaについて

RedHill Biopharma Ltd.(ナスダック:RDHL) は、主に胃腸および感染症に焦点を当てた専門のバイオ医薬品会社です。RedHillは成人のオピオイド誘発性便秘のための胃腸薬、Movantik(R) [5]、成人のヘリコバクターピロリ(H. pylori)感染症の治療用のTalicia(R)[6]、成人の旅行者下痢の治療用のAemcolo(R)[7]を宣伝しています。RedHillの主要な臨床後期開発プログラムには次のものが含まれます:(i)RHB-204、肺の非結核性抗酸菌(NTM)疾患に関する進行中の第3相試験;(ii)オパガニブ(Yeliva(R))、COVID-19の第2/3相プログラムおよび進行中の前立腺癌および胆管癌の第2相試験により、複数の適応症を標的とするファーストインクラスのSK2選択的阻害剤;(iii)RHB-104、クローン病の最初の第3相試験からの陽性結果;(iv)RHB-102(Bekinda(R))、急性胃腸炎および胃炎の第3相試験で陽性結果、IBS-Dの第2相試験で陽性結果;(v)RHB-107(ウパモスタット)、症候性COVID-19で計画された第2/3相試験を行い、他の複数の癌および炎症性胃腸疾患を標的とする第2相段階セリンプロテアーゼ阻害剤;及び(vi)カプセル化された腸製剤であるRHB-106。当社の詳細については、www.redhillbio.com をご覧ください。

注:注:このプレスリリースは、便宜上提供されており、当社が英語で発行した公式プレスリリースの翻訳版です。将来の見通しに関する記述の免責事項を含む、英語での完全なプレスリリースについては、

https://ir.redhillbio.com/press-releases にアクセスしてください。

会社の連絡先:
Adi Frish
最高経営責任者及び事業開発責任者
RedHill Biopharma
+972-54-6543-112
adi@redhillbio.com

メディアの連絡先(米国):
Bryan Gibbs
副社長
フィンパートナー
+1 212 529 2236
bryan.gibbs@finnpartners.com

 
[1] Sakr, Y., Giovini, M., Leone, M. et al. コロナウイルス病-2019(COVID-19)肺炎患者の肺塞栓症:物語のレビュー。 Ann. 集中治療10、124(2020年)。https://doi.org/10.1186/s13613-020-00741-0.

[2] https://blog.covance.com/2020/08/using-acute-respiratory-disease-syndrome-ards-in-vivo-models-to-screen-for-coronavirus-inflammation-treatment/

[3] Xia C. et al.Transient inhibition of sphingosine kinases confers protection to influenza A virus infected mice (スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害は、A型インフルエンザウイルスに感染したマウスを保護します)。Antiviral Res.2018年10月、158:171-177Ebenezer DL et al.Pseudomonas aeruginosa stimulates nuclear sphingosine-1-phosphate generation and epigenetic regulation of lung inflammatory injury (緑膿菌が核内のスフィンゴシン1リン酸産生と肺炎症障害のエピジェネティックな調節を刺激します)。Thorax.2019年6月; 74(6):579-591。

[4] Kurd R, Ben-Chetrit E, Karameh H, Bar-Meir M, 重度のCOVID-19患者に対するオパガニブの思いやりのある使用。medRxiv 2020.06.20.20099010; doi: https://doi.org/10.1101/2020.06.20.20099010

[5] Movantik(R) (ナロキセゴール) の完全な処方情報は、www.Movantik.comで入手できます。

[6] Talicia(R) (オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、およびリファブチン) の完全な処方情報は、 www.Talicia.comで入手できます。

[7] Aemcolo(R) (リファマイシン) の完全な処方情報は、www.Aemcolo.comで入手できます。

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ