プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヴィクトリック(Victaulic)

Richard A. Bucher博士がヴィクトリックのCEOに

AsiaNet 87313 (2477)

 
【イーストン(米ペンシルベニア州)2020年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】ヴィクトリック(Victaulic)は、John F. Malloy博士の後任として、Rick Bucher博士を2021年1月31日付で最高経営責任者(CEO)に任命すると発表した。Bucher博士は2019年6月に最高執行責任者(COO)に、2020年4月に社長に任命された。2009年にエンジニアリング担当副社長としてヴィクトリックに入社する前は、先進技術複合材料メーカーのW.L. Goreに15年間勤務した。Bucher博士はライス大学で工学士と工学修士、バージニア工科大学で材料工学の博士号を取得した。

Video – https://www.youtube.com/watch?v=_QsMJo0G7qg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1387180/Victaulic_Rick_Bucher.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/438995/Victaulic_Logo.jpg

ヴィクトリックの取締役会会長を続けるMalloy博士は「Rick(Bucher博士)は一貫して知性、良識、勇気を示し、賢明で時には困難な決定をしつつ、ヴィクトリックに関係する従業員、顧客、株主、地元地域社会の誰に対しても思いやりと気遣いを持ち続けてきた。ヴィクトリックに2009年に入社以来、Rickは当社の革新に対する長年のコミットメントを強化してきた。彼の指揮下で、ヴィクトリックの特許ポートフォリオは、世界で3200件を超える特許を取得して大きく拡大し、当社の研究・開発組織は2倍の規模になった」とコメントした。

ヴィクトリックは1919年に同社初の特許を取得して以来、メカニカル式管継手の世界的大手メーカーに成長してきた。ヴィクトリックのシステムは140カ国以上の石油・天然ガス採取および加工、化学加工、鉱業、発電、水・廃水処理、軍事施設、造船・海運、配管、暖房、空調、防火システムなど多様な業務で稼働している。

ヴィクトリックは昨年、同族企業として100周年を祝い、製造業務施設を100万平方フィート近く拡大した。これらの投資には、ペンシルベニア州リーハイバレーの40万平方フィートの最新製造センターや中国の大連、ポーランドのドレズデンコ、カナダのオンタリオの各施設の投資、拡張が含まれている。

詳細はwww.victaulic.com またはIndustryWeek(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3015110-1&h=1143808843&u=https%3A%2F%2Fwww.industryweek.com%2Foperations%2Fmedia-gallery%2F22028480%2Fthe-definition-of-durability-10-manufacturing-companies-that-have-reached-the-century-mark%2Fslideshow%3Fslide%3D10&a=IndustryWeek )を参照。

ソース:Victaulic

▽問い合わせ先
Megan Longenderfer
Victaulic Corporate Communications
megan.longenderfer@victaulic.com
(610) 559-3441

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ