プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Absolute Markets Insights

世界のCTスキャナー市場は2028年までに90億7000万米ドルに達し、予測期間中の推定CAGRは5.8%の見込み-Absolute Markets Insightsのリポート

AsiaNet 87310 (2479)

 
【プネ(インド)2020年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界のCTスキャナーの市場規模は2019年で50億1000万米ドル、2028年までに90億7000万米ドルに達すると予測されている。

このリポートのサンプルの申し込みは以下まで。
https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=757

*人々のスポーツ活動への関心が世界中で高まっており、スポーツに関連した負傷の数も世界で大幅に増加している。スポーツやウエルネス活動に参加する人が増え続ければ、けがの可能性が高まり、ひいては世界のCTスキャナー市場のビジネス環境に追い風となる(https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/CT-Scanner-Market-020—2028-757 )。

*世界的な慢性疾患の発生率の増加で、CTスキャナー市場には拍車がかかるだろう。CTスキャナーは、肝臓や肺関連のがんなどの慢性疾患での臨床適応でよく知られている。

*がんの有病率はますます高まっており、必然的にCTスキャナーの需要は増加する。

*病院のエンドユース部門は、同期間中に大幅な複合年間成長率(CAGR)で拡大が予想されており、疾患の早期診断と治療のための病院でのCTスキャナー適応の増加、ならびに手術中における適応の多様化がこれら製品の採用を後押ししている。

購入前の問い合わせは以下まで。
https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=757

*最近の研究によると、CTスキャンはCOVID感染の検出により効果的で、RT-PCRと比較して98%の検出精度があると考えられている。

*世界的な心血管疾患の発生率上昇により、今後数年間、CTスキャナー市場は活性化するだろう。世界保健機関(WHO)によると、世界中で毎年約1790万人が心血管疾患で死亡している。慢性疾患を早期に正確に診断することで、疾患の負荷と死亡率は大幅に低下してきた。新開発のCTスキャナーで多くの慢性疾患が早期かつ確実に診断できるようになっており、需要は近い将来高まるだろう。

*CTスキャナー市場で事業展開している主要なプレーヤーには、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー(General Electric Company)、日立、Koninklijke Philips N.V.、メドトロニック、Neusoft Corporation、サムスン、Shenzhen Anke High-tech Co., Ltd.、島津製作所、シーメンス、東芝、その他の市場参加者がいる。

このプレミアムレポートの全文の入手は以下まで。
https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/CT-Scanner-Market-020—2028-757

▽Absolute Markets Insightsについて
Absolute Markets Insightsは、製品、市場、マーケティング、競合他社、および顧客に関する知見を提供することで、貴社がビジネスで決断を下す際の頼れるパートナーになるべく努めている。https://www.absolutemarketsinsights.com/about_us を参照。

▽問い合わせ先
Email id: sales@absolutemarketsinsights.com
Contact Name: Shreyas Tanna
Phone: +91-740-024-2424

Photo:https://mma.prnewswire.com/media/1387254/CT_Scanner_Market.jpg
Logo:https://mma.prnewswire.com/media/831667/Absolute_Market_Insights_Logo.jpg

ソース:Absolute Markets Insights

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ