プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Absolute Markets Insights

2019年の世界ソフトウエア・ローカリゼーションツール市場は10億707万米ドル、予測対象期間のCAGRで4.10%の成長-Absolute Markets Insightsのリポート

AsiaNet 87293 (2478)

 
【プネ(インド)2020年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックは、世界のソフトウエア・ローカリゼーションツール市場にプラスの影響を及ぼすと見込まれている。(https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Software-Localization-Tools-2020-2028-754 )ソフトウエア・ローカリゼーションツールは現地言語でソフトウエアを提供し、エンドユーザーがより広範なオーディエンスにリーチを広げることを支援する。これはバルト諸国、フィンランド、南米など、英語の理解度が著しく低い地域に大きな恩恵をもたらす。今回のパンデミックにより企業は新たな市場を求め、展開範囲の拡大を余儀なくされた。

このリポートのサンプルコピー請求は以下を参照:
https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=754

*クラウドベースの位置情報ツールは、世界のソフトウエア・ローカリゼーションツール市場において予測対象年で最も大きな成長を示すと見込まれている。大企業、そして中小企業の予算の負担にならない、エンドユーザーにとって魅力的なサブスクリプション・パッケージがこの成長に拍車をかけると予想される。さらに、エンドユーザーはこうしたツールを展開するための専用ITシステムを持つ必要がないので、IT投資で大きな節約ができる。例えばLokaliseはクラウドベースのソフトウエア・ローカリゼーションツールで、中小企業は月額90米ドルで利用できる。同社の顧客の一例としては、ダイムラー、BASF、Revolut(レボリュート)などがある。

*世界のソフトウエア・ローカリゼーションツール市場で、アジア太平洋地域は2028年まで最も大きな収益の伸びを示すと予想されている。アジア太平洋地域のこの大きな成長の主な理由としては、日本と中国が現地言語翻訳にこれまでより重点を置くと予想されているためだ。日本は遠隔勤務チームにもますます重点を置き、ソフトウエアのローカリゼーションによってチームメンバー間のインテグレーション深化が達成されて同ツールの成長を後押しする。

購入前の問い合わせは以下を参照:
https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=754

*ソフトウエア・ローカリゼーションツール市場で事業を展開している企業の一部は次の通り:Alconost Inc.、Atril Solutions、Code Whale Inc.、Crowdin、CSOFT International, Ltd.、Lingobit Technologies、lingohub GmbH、Localize Corporation、Lokalise、Lokalise、Palex Group Inc.、Phrase – Dynport GmbH、Plunet、Rex Partners Oy.、SDL Group、SMARTLING、Transifex、Venga Global、Wordfast, LLCなど。

このプレミアム・リポートの全文の入手は以下を参照:
https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Software-Localization-Tools-2020-2028-754

▽Absolute Markets Insightsについて
Absolute Markets Insightsは、製品、市場、マーケティング、競合他社、顧客に関するインサイトを提供することによって、貴社のビジネス上の決定の際の主要なパートナーとなることを目指している。

▽問い合わせ先
Email id: sales@absolutemarketsinsights.com
Contact Name: Shreyas Tanna
Phone: +91-740-024-2424

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/831667/Absolute_Market_Insights_Logo.jpg
Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1386155/Software_Localization_Tools_Market.jpg 

ソース:Absolute Markets Insights

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ