プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ries Positioning Strategy & Consulting

心の中のカントリーポジショニングで1兆ドルの機会

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012178797-O1-94ig41zW

AsiaNet 87265 (2467)

 
【アトランタ、上海2020年12月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*初のグローバル戦略ポジショニングリポートをリリース

Fortune (China)とRies Positioning Strategy & Consultingは、初のグローバル戦略ポジショニングリポート「The $ Trillion Opportunities: Building Global Brands with Country Positioning in Mind(1兆ドルの機会:カントリーポジショニング(国ごとの位置付け)を心の中に置いてグローバルブランドを構築)」を米国でリリースした。

ポジショニングリポートは、各国には異なる「心の中のポジショニング」属性があり、企業は効果的にコンセプトを把握し、カテゴリーに従ってグローバルブランドを構築しなければならないと指摘している。

ポジショニングリポート用の調査は、Ries Consultingが生み出した独自の理論的枠組みに基づいて、消費者分析とカテゴリー調査を米国、中国、英国、フランス、ドイツ、インドの中核6市場で実施した。重要なことだが、潜在的カテゴリーの機会はこれらの市場に限定された。また、グローバル市場における潜在的カテゴリーの開発に向けたガイドラインも提供し、認知とカテゴリーに注目した世界初のポジショニングリポートになっている。

FortuneのMichael Joselofグローバル最高経営責任者(CEO)は「われわれはグローバルビジネスが大きな課題に直面している重要な時期におり、ブランドはグローバルな『ブルーオーシャン(競争のない未開拓市場)』を探求する必要がある」として、戦略ポジショニングリポートの背景を紹介し「Ries Consultingはグローバルな戦略ポジショニングリーダーであり、ビジネスモデルで『認知』と『カテゴリー』を組み合わせたポジショニング理論の開拓で有名である。われわれは協力し、世界で最も潜在的な製品カテゴリーを捉える」と語った。

ポジショニングリポートは「心の中のカントリーポジショニング」が特定国に対する消費者の唯一かつ最初に経験した認識を表していると指摘。調査対象の中で中国とインドは急速な発展を享受したが、心の中のカントリーポジショニングは分かれている。

米国、中国、ドイツはテクノロジーと革新のリーダーになったが、グローバル消費者の心の中でインドはいまだに伝統的農業のイメージを振り払っていない。英国とフランスは優れたデザイン、ファッション、ハイエンド製品で抜きんでており、高級品や宝石類など富裕消費者カテゴリーでその利点を見せている。

リポートは、ブランド、カテゴリー、心の中のカントリーポジショニングが互いに深く影響する可能性があるとしている。このため、グローバルブランドを構築する際はさまざまなカテゴリーを組み合わせることがカギになり、各国は独自の心の中のカントリーポジショニングによって、それぞれ特徴的なリーダーを擁している。

カテゴリーが心の中のカントリーポジショニングの優れた側面と結び付くとカテゴリーの革新が生まれ、消費者マインドに新しいグローバルな利点を形成する可能性がある。リポートはまた、茶、アパレル、電気自動車など各カテゴリーのグローバル市場における機会を具体的に分析している。

Ries ConsultingのLaura Riesグローバル会長はリポート発表と同時に、将来のグローバルビジネスの機会を評価し「グローバル競争に勝つカギは、ブランドがグローバル消費者のマインドを所有できるかどうかにかかっている。グローバルブランドを構築する過程で、心の中のカントリーポジショニングは極めて重要だが、起業家には見落とされがちである。心の中のカントリーポジショニングを探求して利用し、その影響力を最大化することは、グローバルブランドの構築に大いに役立つ」と語った。

Laura Ries氏は「これは、Ries Consultingが過去60年間順守し、ビジネスの実践で証明してきたものである。21世紀にブランド間のグローバル競争は避けられない。グローバルブランドに育てるかどうかは『to be, or not to be(あるべきか、そうでないか)』の決断である。今日の国際情勢が複雑だとしても、認識の法則を正しく理解し、新たなカテゴリーを創出することによってのみ、われわれはグローバルブランド構築に成功することができる」と続けた。

ソース:Ries Positioning Strategy & Consulting

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=380266
写真説明:ニューヨークのタイムズスクエアでリリースされたFortuneとRies Consultingによる初のグローバル戦略ポジショニングリポート

NYタイムズスクエアでリリースされたFortuneとRies Consultingによるグローバル戦略ポジショニングリポート
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ