プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社マリモホールディングス

マリモは起業部「広島大学1st Penguin Club」の活動資金として 広島大学へ寄付を行いました

株式会社マリモは「広島大学 1st Penguin Club」の活動に賛同し、その支援を目的とする寄付を行いました。

2020年12月16日
株式会社マリモ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012168695-O1-z59q2cNR

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103374/202012168695/_prw_PT1fl_oo03OI5Q.png

 

株式会社マリモ(本社:広島県広島市西区、代表取締役社長:深川 真)は、このたび国立大学法人広島大学(広島県東広島市、学長:越智 光夫)の起業部である、「広島大学 1st Penguin Club」(担当教員:北村拓也)の活動に賛同し、その支援を目的とする寄付を行いましたので、ご報告いたします。

 

当社は、分譲マンションデベロッパーとして全国44都道府県において414棟・26.955戸の分譲マンションを開発※し、市街地再開発事業への参画や、上場REITである「マリモ地方創生リート投資法人」のスポンサーとしても地方都市の活性化に取り組んでまいりました。また、不動産以外の事業として環境衛生事業・教育関連事業などを推進しております。グループ内でもIT関連事業・薬膳教室運営・海外人材紹介事業・オーガニック野菜宅配事業などに事業領域を拡大するとともに、スタートアップ支援やM&Aなど様々な手法で、社会課題に貢献するビジネスの実現に向けた取り組みを進めております。

このたびは、1970年の創業以来の本社所在地であり、長年にわたりお世話になっている地元広島において、地域ビジネス活性化と若者の起業支援に繋げたく、活動資金の寄付に至りました。なお、当社の社長室 ソーシャルビジネス推進部がメンターとなって、マリモゼミを開設する等、今後も継続して広島大学 1st Penguin Clubの活動を支援していく予定です。

※分譲マンション開発戸数は2020年11月末現在

 

●寄付年月日:2020年12月15日

●寄贈先  :国立大学法人広島大学(東広島市鏡山一丁目3番2号)

       https://www.hiroshima-u.ac.jp/

●寄付金額 :50万円

●寄付の用途:広島大学1st Penguin Clubの活動資金

 

■ 広島大学1st Penguin Clubとは

 

起業を目指す学生の活動を、広島大学 学術・社会連携室理事の直下の組織として設置する起業部が、全面的に支援する団体です。所属する学生はメンター(指導者)のゼミに入り自分の夢に挑戦、メンターがその活動を支援します。

 

■広島大学1st Penguin Club概要

組織名   :広島大学 1st Penguin Club

創 部   :2016年5月

担当教員:北村拓也

部員数   :47名 (1st Penguin Club Slackメンバー数)

所在地   :東広島市鏡山一丁目3番2号 

Mail    :firstpec@hiroshima-u.ac.jp (担当教員および学生委員に届きます)

事業内容:学生の夢への活動支援

HP    :https://firstpenguinclub.hiroshima-u.ac.jp/

 

■株式会社マリモ 会社概要

社 名 :株式会社マリモ

代表者 :代表取締役社長 深川 真

設 立 :1970年9月1日

本 社 :〒733-0821 広島県広島市西区庚午北1丁目17番23号

資本金 :1億円

事業内容:分譲住宅の企画・開発・設計・監理・販売業務、不動産流動化事業、環境衛生事業、海外マンション分譲事業

コーポレートサイト:https://www.marimo-ai.co.jp/

 

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社マリモホールディングス 経営管理本部 広報部

TEL 082-273-7545

※本リリース掲載の情報は、発表時点の最新情報であり、変更となる場合がございます。

株式会社マリモ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ