プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

バイアー

バイアーの4Dイメージセンサー、簡素化と低コストで自動車の安全性に革新をもたらす

AsiaNet 87194

バイアーの4Dイメージセンサー、簡素化と低コストで自動車の安全性に革新をもたらす

センサーで溢れる車両、その数は2030年までに200個を超える予測

– バイアーのプラットフォームがいくつもの厳しい安全要件に対応、すべての車種に向けて命を守るための画期的機能を提供(技術の詳細はこちらhttps://info.vayyar.com/vayyar-automotive-4d-imaging-radar ))

– 単機能のセンサーを多数必要とする従来の方法に代わり、多用途性に優れるワンチップ構造のレーダーオンチップ(RoC)で車内とADAS(先進運転支援システム)アプリケーション用センサーを簡素化

– 最先端技術によって様々なリスクと統合コストを低減、自動車メーカーとサプライヤーは毎年数億ドルの節約が可能

– バイアーの車内用4Dイメージレーダーセンサーは超高解像度で検知範囲が非常に広く、車内全体の検知対象を正確に識別

– 量産可能、手頃な価格でスケーラブル、車載グレードでの実績があるソリューションは、ソフトウェアのOTAアップデートで安全機能の追加にも対応 

バイアーのプレスキットはこちらからご利用ください。  (https://drive.google.com/drive/folders/167GJu2kxXF7vMPbrtb7eeKBx6LS4HCQP?usp=sharing

イスラエル、テルアビブ 2020年12月15日 /PRNewswire/ — 4Dイメージングレーダー技術の市場を牽引するバイアー(Vayyar)https://vayyar.com/auto?hsCtaTracking=84823f49-ba3d-401b-a219-82ff1a6a9eb6%7C43f3a23b-e9a2-450d-90e7-f2919cd3cef3 )が、量産準備の整ったレーダーオンチップ(RoC)のプラットフォームで自動車の安全に変革をもたらすとともに、OEMメーカーには最先端の自動車安全性と、かつてないコスト効率化の実現を約束します。 

バイアーの車載グレードRoCは、AEC-Q100に準拠した革新的ソリューションです。最大48個の送受信器、デジタルシグナルプロセッサー(DSP)、マイクロコントローラーユニット(MCU)を内蔵したチップがリアルタイムで信号を処理します。バイアーのワンチップソリューションは物体を透過した状態で検知し、天候要因に関わらず機能します。これまで使用されてきた複数のセンサーも、コストのかかるLiDARやカメラも必要としません。

バイアーの多機能チップ1つで侵入者アラート、子供の検知、シートベルトリマインダーの性能向上、事故発生時の緊急通報「eCall」など、車内の各種システムに対応します。従来の単機能センサーでは得られなかったレベルまで、安全水準を画期的に引き上げます。

この最先端ソリューションは、対象の検知から演算、処理、マッピング、画像化まで、複数のチップで行う機能をたった1つの無線周波数集積回路(RFIC)で実行します。車両に搭載されるセンサーがますます増えるなか、バイアーはこのプラットフォームを通し、すべての自動車メーカーとその主要サプライヤーが無理のないコストで安全の質を向上できることを目指します。 

現代の一般的自動車には100以上のセンサーが使われており、2030年までにその数は2倍になると予測されています。ですが、バイアーが提供する新しいRoCを導入すれば、安全性の向上はもちろん、これまでの常識を覆すような費用削減と複雑性の解消を実現することができます。

「複数のセンサーの代わりに当社のスケーラブルな多機能プラットフォームを採用することによって大幅な簡素化とコスト削減が期待できます。加えて、各自動車メーカーは、厳しくなる一方の規制や規格に準拠し、安全性能で5つ星を獲得するため、従来のソリューションから離れた新技術を求めています」と、バイアーの自動車部門統括責任者であるイアン・ポカミエン氏は語ります。「いくつもの賞に輝いた当社のテクノロジーはCLEPAhttps://blog.vayyar.com/vayyar-wins-clepa-safety-innovation-award )(欧州自動車部品工業会)をはじめとする様々な団体に認められています。自動車に導入することで命を救い、低コストでの安全性強化に力を発揮します。価格帯は単機能の3×4 2D/3Dレーダーソリューションと変わりませんが、創出される付加価値は比較になりません」 

新プラットフォームは超高解像度で非常に広い視野を誇り、群を抜く正確さと精密さで対象を検知します。このセンサーはロバスト性とスケーラビリティにも優れ、新たな機能の展開にもOTA(Over The Air)ソフトウェアアップデートによってシームレスに対応します。つまり、将来的に自動車の安全要件や安全規格が新しくなることも見据えています。

新プラットフォームの最大の魅力は簡素化であり、直接費と間接費の両方の削減につながります。バイアーは自社のノウハウを活用し、ハードウェアやソフトウェア、開発・試験リソースに至るまでエンドツーエンドのソリューションによってティア1サプライヤーおよびOEMメーカーの統合プロセスの合理化を進め、労力とコストとリスクの低減を図ります。

高性能かつ費用対効果に優れた多機能センサーを提供するバイアーの技術が、高まりつづける安全性への要求と現実的な技術の採用という2つの課題を一挙に解決し、すべての人に手頃な価格で、妥協なき安全性を届けます。

バイアーの最先端4DイメージングROC技術の詳細はwww.vayyar.com/autoをご覧ください。

以上

バイアー・イメージング社(自動車分野)について
バイアーのインテリジェントセンサーは、車載グレードの4Dイメージングレーダー技術を用い、車内とADASの包括的な安全性を確保します。このセンサーの核となるのが、最大48個の送受信器を内蔵し、超高解像度を誇る高性能レーダーオンチップです。バイアーが開発したワンチップレーダーモジュールは60GHz帯と79GHz帯を使用し、超広角をカバーできるため検知範囲が非常に広く、車両のセンサー数を大幅に削減できます。車内と車両周囲をくまなく監視しつつ、複数の検知対象や物体を追跡します。バイアーの技術は多機能で低価格、量産も可能です。レーダーベースのプラットフォームはロバスト性に優れ、道路状況に左右されず、ユーザーのプライバシーも守ります。バイアーは今よりさらに安全な世界を目指し、小型で低価格で幅広い用途に対応する次世代センサー技術の開発を継続していきます。

編集者より 
従来のレーダーソリューションは2〜3個の送信アンテナと3〜4個の受信アンテナで構成されていますが、4Dイメージレーダーは、MIMO(多入力・多出力)の48アンテナアレイを活用し、周囲状況の高解像度マッピングを可能としています。豊富な点群データ出力と、方位角・仰角両方における非常に広い視野とを組み合わせ、抜群の精度で検出と追跡を行い、道路前方の安全を最大限に守るセンサーです。

 
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1373928/Vayyar_Imaging_Radar_on_Chip.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ