プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Don Agro International Limited

SAC CapitalがDon Agro Internationalの非格付けリポートを発表

AsiaNet 87244 (2445)

 
【シンガポール2020年12月14日PRNewswire =共同通信JBN】SAC Capital Private Limitedは2020年12月7日、ロシアのロストフ地方にある最大手農業会社Don Agro International Limited(「Don Agro」)とその子会社(総称して「グループ」)に関する非格付けリポートを発表した。リポートの全文はhttp://donagroint.com/analyst-reports/ を参照。

▽投資ハイライト

*ロシアの大手農業会社。6万3240ヘクタール(このうち5万1207ヘクタールは耕地)の土地抵当銀行を経営する。ロシアでは最も肥沃な地方に戦略的に位置し、国際的な大規模港にも近い。グループは高品質で生産性の高い作物と牛乳を生産でき、安い輸送コストの恩恵を受けている。

*ロシアでの農業の重要性の高まり。ロシア農業省は穀物と飼料産業の物流を改善するさまざまなインプラプロジェクトに約2810億ルーブル(43億ドル)が投資されると発表した。予想される穀物の生産増加により、ロシアの農業輸出は2030年に450億ドルに達する見通しだ。

*グループ生産物への需要は力強く拡大。米農務省(USDA)の2019年リポートによると、小麦の需要は大幅に増えている。特に東南アジアは消費習慣の変化に伴って世界最大の小麦輸入地域になった。地域内での生産不足(需要に必要な1%以下)と消費の伸びによって、輸入需要は拡大している。ロシア国内ではグループ生産物への需要が高止まりしている。これは欧州連合(EU)からの食品・農産品の輸入禁止と、ルーブル安による輸入品と比較した国内産品の安さのためである。

▽Don Agro International Limitedについて
Don Agroはその子会社を合わせて、ロシアのロストフ地方の最大手農業会社で、主に農作物の栽培と生乳の生産に取り組んでいる。グループは6万3240ヘクタールの土地抵当銀行を完全経営し、このうち5万1207ヘクタールは耕地。グループは経営する土地抵当銀行の中で1万7600ヘクタールを保有する。さらにグループはロストフ地方で最大手の牛乳生産農場であり、4000頭以上の酪農家畜を保有し、このうち約2000頭は乳牛である。詳しい情報はhttp://donagroint.com/ を参照。

▽メディア問い合わせ先
tech@financialpr.com.sg
Tel: (65)-6438-2990

ソース:Don Agro International Limited

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ