プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

円滑なコミュ二ケーションを可能にするWeb会議システムを発明。仮想カメラで視線が合わない違和感を解消。

金沢工業大学 メディア情報学科 坂知樹助教

 

画面中央に生成された”仮想カメラ”で、視線が合わない違和感を解消。

円滑なコミュ二ケーションを可能にする革新的なWeb会議システムを発明。

金沢工業大学 メディア情報学科 坂知樹助教

 

 

オンラインでも視線を合わせながらの会話を可能にするWeb会議システムを、金沢工業大学情報フロンティア学部メディア情報学科 坂知樹助教(専門:画像処理、医用画像処理)が発明しました。

当発明は令和2年12月11日に特許出願済です(特願2020-205631)。

これまで視線が合うWeb会議システムは報告が無く、新規需要が期待されています。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がきっかけとなり、テレワークやネット授業が日常的になりました。アフターコロナにおいてもオンラインでのコミュニケーションは”ニューノーマル”になっていくものと考えられています。一方で、今日一般的に使用されているWeb会議システムは、相手の顔が見える画面とカメラが違う位置にあるため、対面と違ってユーザ同士の視線が合わず、違和感を覚えてしまうケースが多いという課題があります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O2-0aj8iutC

画面の相手を観ながら話すと視線が合わなくなる

 

今回発明されたシステムは、画面の両脇(左右もしくは上下)に置かれたカメラで画面中央に”仮想カメラ”を生成し、ユーザを正面から撮影したような映像を仮想的に表示します。

画面の相手と目線を合わせながら違和感なくコミュニケーションができるため、テレワークにおけるテレビ会議システムやWeb面接システムでの実用化が期待されます。また視線のずれなく鏡を見るように写真撮影が可能になるため、証明写真機等の分野でも新規需要が見込まれます。

当システムの実用化に向けて、今後、企業との連携を進めていく考えです。

 

 

新たに発明されたWeb会議システムの概要

 

【先行技術の課題】

現在、一般的なWeb会議システムに用いられるハードウェアは以下の2通りの形式があり、いずれも画面およびカメラがハードウェアの前面に設置されています(図1)。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O3-XMBmPs8Q】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O4-kyC8Culn

図1 先行のWeb会議システム(ハードウェア)

左:画面長辺にカメラを設置する形式、右:画面短辺にカメラを設置する形式

 

これらのハードウェアを用いてWeb会議システムを動作させた場合、ユーザが画面内の会議相手の顔に視線を向けると、カメラから視線がずれてしまい、ユーザ同士が視線を合わせて会話することが困難となります(図2)。

また画面中央にカメラを設置することで画面に視線を合わせるユーザを正面から撮影できますが、この場合はカメラが画面を遮蔽してしまう問題があります。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O2-0aj8iutC

図2 先行のWeb会議システム(アプリケーション)

左:画面上部にカメラを設置した場合、右:画面右部にカメラを設置した場合

 

 

【本発明の本質】

 

本発明の本質は、「画面の両脇(左右もしくは上下)に画面を挟むように2台のカメラを設置」し(図3)、これらで撮影した画像を合成することで「画面中央にあるカメラがユーザを正面から撮影したような映像を仮想的に生成」することにあります。

    

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102928/202012158614/_prw_OT1fl_72G6W7F3.png

 

生成された「画面の中央に位置する仮想カメラより撮影された画像」をWeb会議システムに表示することで(図4)、ユーザ同士の視線が合うWeb会議システムが実現します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O7-Yb7Ova5u

図4 発明したWeb会議システム(アプリケーション)

 

 

この「画面中央に位置する仮想カメラより撮影された画像」は「ステレオマッチング」という技術を応用しています。

 

ステレオマッチングとは、人間が左右の目でモノを立体的に見る仕組みと同様に、左右のカメラで撮影した2枚の2次元画像から視差を推定し3次元の情報を推定する手法です。

本発明ではこのステレオマッチング技術を用いて、2台のカメラの中間に位置する「仮想カメラ」が撮影した画像を推定します。 「仮想カメラより撮影された画像」を画面に表示することで、ユーザは画面内に映る会議相手と視線が合います。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O8-h70332q3

プロトタイプの画像

画面の両脇(左右もしくは上下)に画面を挟むように2台のカメラを設置することで、画面中央に仮想カメラを生成する

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102928/202012158614/_prw_OT2fl_Rst3hn1Q.png

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158614-O11-Q936x0Zl

画面中央に位置する仮想カメラより撮影された画像

 

本発明の効果

・ユーザ同士の視線が合う

・円滑なコミュニケーションが可能となる

・ユーザが自分自身を撮影する際に鏡を見るように表示できる

 

技術分野、用途、実用化例

・テレビ通話システム:話し相手と視線が合う

・Web面接システム:面接官と受験者の視線が合う

・証明写真機:鏡を見るように証明写真を撮影できる

 

想定される技術移転先(業界・企業)

・(ハードウェア)スマートフォンメーカー、PCメーカー、周辺機器メーカー

・( アプリケーション ) ソーシャル・ネットワーキング・サービス会社

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ