プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

成都ハイテク区(Chengdu High-tech Zone)

成都ハイテク区、世界クラスのハイテクパークの建設を加速

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012158638-O1-2K685SEx

AsiaNet 87227 (2440)

 
【成都(中国)2020年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】今年は、中国のあらゆる点で適度に豊かな社会の建設と第13次5カ年計画が完了する。1988年は全国的な改革に呼応して成都ハイテク区(Chengdu High-tech Zone)の建設を準備する年だった。今日、この土地は中国中西部で最も強力な総合経済力、最も豊かな革新的資源、最も近代的な都市建設を有する地域として浮上している。

成都ハイテク区は2019年に2285億6000万人民元のGDPを記録し、2000億人民元以上の経済規模を持つ四川省初のハイテクパークとなった。今年第1-第3四半期には、エピデミックの影響にもかかわらず、地域のGDPで8%増を達成した。成都ハイテク総合保税区(Chengdu High-tech Comprehensive Bonded Zone)の輸出入合計量は31カ月連続で、全国の総合保税区の中で首位にランクされた。

電子情報、バイオ医薬品、新経済の3つの主要産業に重点を置く成都ハイテク区は、インテルやBOEなど128のFortune 500企業を誘致し、今年はテンセント、バイドゥ、ByteDanceといった主要企業の11件の100億元規模プロジェクトを導入した。

今年は、Chengdu HitGenとEaston Biopharmaceuticalsが連続してGEM(Growth Enterprise Market、成長企業市場)に上場し、成都ハイテク区の技術革新における卓越した成果を実証した。この数年間に成都ハイテク区は6人のノーベル賞受賞者、20人のアカデミー会員、328人の国家高レベル人材を紹介し、計60万5900人の人材を集結した。さまざまな業界の企業約15万社が当地に拠点を設けており、その中には5万6000社以上の技術企業が含まれ、1万人当たり202.1件の有効発明特許を登録している。

公園、緑道、庭園など、成都ハイテク区は公園都市の建設を促進し「15分の公共サービスサークル」を構築し「窓の外の緑樹とコミュニティーに隣接する公園」をおおむね実現しており、市民はますます幸福感と達成感を享受している。

成都ハイテク区は科学技術革新に力を入れ、国内外の流通に融合し、さらに国家高品質開発実証区と世界クラスのハイテクパークの建設を加速させる。

ソース:Chengdu High-tech Zone

▽画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=380027
キャプション:成都ハイテク区

成都ハイテク区
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ