プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The 7th Humen International E-commerce Festival

Eコマースとライブストリーミングで中国の小規模な街が「リニューアル」

AsiaNet 87223 (2434)

【東莞(中国)2020年12月14日新華社=共同通信JBN】第7回Humen International E-commerce Festival(虎門国際eコマースフェスティバル)がこのほど広東省東莞市のHumen Convention and Exhibition Center(虎門会議・展示センター)で開催された。女性用衣服産業に特化した中国の街である虎門にとって、同フェスティバルは伝統産業をデジタル化し、サプライチェーン効率を向上し、ローカルブランドと製品のイメージの最適化を加速するための産業交流と展示のプラットフォームである。

eコマースとライブストリーミングの発展は伝統産業の障壁打破に寄与する。そしてそれは中国東莞の虎門の街で起きていることだ。

Humen E-Commerce Industrial Park(虎門eコマース産業パーク)のWang Wei会長は「今年のエピデミックの影響を産業はほとんど受けなかった。虎門の一部の衣服店は2017年という早い時期にライブストリーミングのプラットフォームを使って製品の販売を開始した。これは中国の3級あるいは4級都市の消費潜在性を開拓するのに素晴らしい方法だった。現地産業がエピデミックによる危機に耐え、販売数が増加しているのはそうした理由によるものだ」と述べた。中国は主力としての国内循環、そして国内と国際的な循環が互いを高め合うことによる新たな発展パラダイムを育てる一方で、東莞の虎門は再び、改革の前線にある。

Shanghai United E-Commerce Research Instituteのエグゼクティブディレクター、Yang Tao氏は、エピデミックが消費者のショッピング習慣を変え、オンラインショッピングのニーズが大きく高まっていると信じている。eコマースプラットフォームのデータと技術は供給側と需要側、製造と消費の間の流れが円滑であることを確実にする重要な役割を果たし、中国の国内循環に貢献する。

Humen E-commerce Association(虎門eコマース協会)のプレジデント、Li Dingru氏は「過去においてメーカーは衣服製品のスタイルと製造数を判断する上で、ビジネスの経験に頼っていた。現在、彼らはeコマースプラットフォームでテストと事前販売をすることが可能であり、事前販売のデータに基づいて、これが売りやすいスタイルなのかどうかを分析し、生産量を決め、在庫リスクを低減している」と述べた。

こうした変化により、虎門のアパレル産業の供給側構造は改善され、高品質への消費者ニーズを満たしている。Humen E-commerce Industrial Parkを例にとってみよう。そこはライブストリーミングホスト研修、eコマース・マーケティング、オンライン店舗の運営、企業の変革と向上へのニーズに適した芸術デザインなど、多くの生産者サービスを提供している。

虎門のWang Yaoming区長は、虎門のeコマース産業には最適化された構造上の利益があり、革新的な発展を加速しながら向上を続けていると述べた。今年、同産業はさらに発展を続け、消費を刺激し、投資を誘致し、雇用を促進することに貢献している。

60万人の常住人口を持つ虎門には2019年の段階で1万社を超える企業と自営業がeコマースに関与し、15万人以上の関連従業員の90%はアパレル産業に従事していた。サードパーティープラットフォームを通したオンライン販売は約478億元に達し、約3億3000万個の小包が速達便で配送され、それによる年間成長率は10%になっている。

新ビジネスモデルの迅速な発展は新たな成長分野を育てる。しかし、それは低いアクセス基準値や不均等な従業員の質といった新たな問題も発生する。現地の産業パークも買い手の苦情、基準を満たさない製品タグ、ライブストリーミングでの混乱といった問題に直面した。

逸脱した行動を規制し、問題の続発を防止するため、Guangdong E-commerce Industrial Parkの標準化技術委員会が2019年、虎門で公式に設立された。それ以来、同委員会は4件の国家規格と2件の産業規格の制定に相次いで参加し、産業の健全で持続可能な発展を促進している。

Li Dingru氏によると、規格化の鍵となるのは従業員と産業の密接な統合である。虎門の現地店舗は製品とブランドをより良く知る、彼ら自身のライブストリーミングホストを育てている。それによって消費者は彼らの製品に真に感銘し、KOLホストや著名人ホストによる誤った宣伝からの後ろ向きの影響を回避しながら店舗の信頼を高めることが可能になる。

ソース:The 7th Humen International E-commerce Festival

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ