プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

最高時速290kmのフォーミュラカーで誤差約10 cmの測位に成功

~全日本スーパーフォーミュラ選手権で「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」を活用した実証実験を実施~

2020年12月14日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス※1」(以下、高精度GNSS)を活用して、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで、誤差約10cmの測位に成功しました。今後、正確な車両位置の把握が必要となる自動車や鉄道の自動運転などで、高精度測位技術の活用をめざします。

 実証実験は、2020年12月4日(金)~6日(日)に鈴鹿サーキットで開催された「2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦/第6戦 第19回 JAF鈴鹿グランプリ」で、レーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」および、日本電信電話株式会社と共同で実施しました。測位衛星システムGNSS※2を活用して誤差数センチメートルの位置補正情報を提供する高精度GNSSにLTE回線で接続したGNSS受信機をフォーミュラカーに搭載し、レース走行中のフォーミュラカーをリアルタイムに高精度測位する実証実験を行いました。高速走行中のフォーミュラカーを利用した高精度測位実証は国内初※3となります。 

 実証実験の結果、サーキット内に設置されたラップタイム計測用ビーコン通過位置と高精度GNSS測位結果の比較により、約10 cmの誤差での高精度測位が可能なことを確認しました。また、走行時間の96%で高精度測位が可能であることを確認しました。

 現在、自動運転の実用化に向けた取り組みが加速するなか、高精度測位の需要が高まっています。高速移動環境における高精度測位が可能になると、自動車や鉄道の自動運転で正確な車両位置を認識した制御が可能となります。また、線路・道路などの交通インフラを走行中に精密に点検できるようになることも期待されます。
 ドコモは今回の実証実験の結果を生かし、自動車・鉄道業界を含むさまざまな環境での安定した高精度測位の実現に向けた検討を進めます。

実証で用いたフォーミュラカー 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012118467-O3-tZfgX3U3

実証結果
1、測位誤差
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012118467-O4-TfORFX99

2、高精度測位時間率
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012118467-O5-PT23n5Oc
 
※1 「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」の詳細は、以下のホームページをご確認ください。
   https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/highprecision_gnss_positioning/
※2 Global Navigation Satellite Systemの略で、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)などの衛星測位システムの総称
※3 2020年12月14日現在、ドコモ調べ
※4 RTKはReal-Time Kinematicの略で、複数のGNSS受信機と衛星との距離の差を搬送波の位相を使って測位する方法。
   Fix解は解が収束した高精度な測位結果。Float解はFix解が得られるまでの途中解を用いた測位結果
※5 Differential GPSの略で、複数のGNSS受信機を用いて単独測位した位置情報から相対位置を求めて測位する方法

 

 

 

別紙

 
実証実験の詳細

1.システム構成
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012118467-O9-0lY6jmB4
 フォーミュラカーにGNSSアンテナとLTE内蔵GNSS受信機を搭載。GNSS衛星からの電波と、ドコモの位置補正情報配信サーバーからの位置補正情報を使って高精度GNSS測位を行います。

2.レーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」からのコメント
 DOCOMO TEAM DANDELION RACING TEAM PRINCIPAL 村岡 潔

 今まではレース後のドライバーのコメントなどから、エンジニアが走行状態を想像しマシンの設定や調整をしていました。ドコモの高精度測位によりマシンの走行軌跡やスピードが可視化されることで、エンジニアのマシン設定や調整に非常に有効な技術になるかと思います。また、ドライバーごとにコース取りが違うため、レース後にどちらのコース取りが良かったかなどドライバーへの気付きにもなると思います。
 今後、モータースポーツでドライバーのリアルな走行軌跡をファンが体感できるなど、ファンサービスの向上にもつながるとうれしいです。

高精度GNSSを活用して可視化した2名のドライバーのコース取りの違い 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012118467-O8-P3VmHvmi

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ