プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Thundercomm

Thundercommが高性能次世代エッジコンピューティング製品のTurboX EB5 Edge AI Boxを発売

AsiaNet 87155

Thundercommが高性能次世代エッジコンピューティング製品のTurboX EB5 Edge AI Boxを発売

【北京2020年12月10日PR Newswire】IoT製品・ソリューションで世界をリードするプロバイダー、Thundercomm(サンダーコム)は、TurboX EB5(https://www.thundercomm.com/app_en/product/1596593567074634?index=0&categoryId=79&tabIndex=1 )Edge AI Boxを発売し、エッジコンピューティングの新しい時代を切り開いた。TurboX EB5は高性能なAIコンピューティングとビデオデコーディング機能を備える初の産業向けエッジコンピューティング・ボックスで、LinuxおよびAndroidオペレーティングシステムと、5Gを含めた無線(https://www.thundercomm.com/app_en/product/1576206378073126?index=2&categoryId=category1&tabIndex=1 )接続をサポートできる。

TurboX EB5は強力なQualcomm IoTシステムオンチップ(SoC)に基づき、15 TOPS AI性能と、最大24チャンネルのFHDビデオプロセッシング能力を提供する。これによりIPネットワークカメラ24台を同時接続し、SNPE(Snapdragon Neural Processing Engine)を活用する強力なエッジAI推論処理ソリューションを実現した。TurboX EB5は、インテリジェントエッジ・オペレーティングシステムTurboX Edge OSを内蔵し、エッジデバイスと接続してデータストリームをプロセスする便利でセキュアな方法を提供する。TurboX EB5は、デバイス・エッジ・クラウドシナジー、AIモデルおよびアプリケーションの遠隔展開、FOTA、DMを含む多数の取捨選択・カスタマイズ可能な機能群を準備しており、OEM事業者のFocusしたいポイントに注力可能な効率の良いソリューションとなっている。

コネクテッドデバイスの増加に伴い、リアルタイムのデータストリーム送信およびプロセッシングのニーズが高まっている。TurboX EB5は、データが生成されるデバイスにより近いところでのクラウドコンピューティングを補完するために開発された。TurboX EB5は、Modbus、BACnet、CAN、MQTT、ジグビー(Zigbee)など多数のIoT通信プロトコルを統合し、AWS、Microsoft Azureなどの主要なクラウドプラットフォームをサポートする。5Gインフラストラクチャに対応し、時代追従性も高い。それらすべては、簡略化されたエッジ・インテリジェンスを可能にするとともに、産業デジタルトランスフォーメーションを加速する。ファンレス設計と豊富なインターフェースを備えた産業グレード品質によって、TurboX EB5は建設、ヘルスケア、リテール、工場、交通などの複雑な環境に適合する。

ThundercommのHiro Cai最高経営責任者(CEO)は「IoTアプリケーションは、ユーザーの効率、エクスペリエンスを効果的に向上させるために、さまざまな産業のさまざまなシナリオに合致すべきです。我々はクライアントのDXトランスフォーメーションプロセス全体で当社のTurboX EB5を使用しDX化を強力に推進します。TurboX EB5の強力な性能、柔軟な展開、オープンプラットフォームをDX・IoT・AI産業の基礎製品として設定し、すべての産業向けのエッジ・インテリジェンスへのアクセスを広げていきます。」と語った。

Bijoux Healthcare(Beijing)Biotechnology Co., Ltd.のデータ付加価値担当の主任コンサルタントであるNing Zhang氏は「TurboX EB5は、妊娠女性プログラムの当社遠隔グループコンサルテーションに導入され、超音波映像のリアルタイム送信および保存の問題を解決しました。我々は、TurboX EB5の高度なAI性能およびスケーラビリティー、コンパクト設計、安定性能、低電力消費に特に感銘を受け、これは使用時に医師をはじめ専門家から高く評価されております。Thundercommがより多くの優れた製品を発売し、ヘルスケア業界のインテリジェントトランスフォーメーションを加速することを希望しております。」と語った。

日本では、OEM事業者向けにThundercomm Japanが法人向け販売を開始した。前述したソフトウェア、ハードウェアを含めた事業者向けカスタマイズ、技術サポートに対応している。問い合わせはwebサイトから。

▽Thundercomm(サンダーコム)について
サンディエゴに本社を置くThundercomm(サンダーコム)は、ThunderSoft とQualcomm の合弁会社である。Thundercommは、インターネット・オブ・シングス(IoT)、自動車業界のイノベーションを加速し、Qualcomm Technologiesによるワンストップ式ソリューションを提供するために設立された。Thundercommは、Android、Linuxや他のオペレーティングシステムを含むオペレーティングシステムでの能力に加え、ThunderSoftから取得した広範なソフトウエアおよびオンデバイスAI技術ポートフォリオ、グローバルな販売とサポートのネットワークによって、高品質、次世代製品を構築し、商用化までの時間を短縮することを目指す世界の顧客の有用で信頼できるパートナーである。詳細はウェブサイトwww.thundercomm.com を参照。

ソース:Thundercomm

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ