プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

三和株式会社

5歳以上のおねしょ治療 夜尿症アラームトレーニング商品「ユリンスコープ」がバージョンアップして誕生

専用アプリによる主治医との遠隔コミュニケーションがとれるようになりました

2020年12月14日
三和株式会社

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O1-3PdVqOjc】                               【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O2-D8dg9uq5
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O3-p1g5TFbc

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O5-47xx08V1

三和株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:森脇晨光)はこの度、お子さん、親御さんの負担を軽減し、より正確なおねしょのデータを抽出できるようユリンスコープをバージョンアップし、専用アプリを配信致します。
(令和2年12月21日発売予定)

【夜尿症とは】
夜尿(おねしょ)は年齢及び頻度により夜尿症という病気として診断されます。病気ですので、医師による
治療法もあります。
夜尿症はICCS(国際小児尿禁制学会)が「5歳以降で、1ヶ月に1回以上の夜尿が3ヶ月以上続くもの」と定めた病気のことで、最近病院やクリニック等で夜尿症診療が盛んに行われています。
【アラーム療法とは】
おねしょをした時にアラームによって本人を目覚めさせることにより、無意識のうちに自分で排尿を止めることができ、尿意でトイレに起きることができるようになります。また睡眠中の膀胱容量も増やします。効果が出てくると夜中に起きなくても朝までおねしょをしないでおしっこをためられるようになります。
【専用アプリとの連動】
従来のモデルは、アラームが鳴った際に親御さんがお子様を起こし、その都度日記帳に時間を記入するスタイルでした。
今回リニューアルされたユリンスコープは専用アプリと連動し、夜尿の詳細をデータ化してアプリ内に自動で保存することができます。
そのデータをお医者さんにEメールで送ることができ、コロナ渦で病院になかなか行けない親御さんでも遠隔でコミュニケーションをとることが可能です。

 
【ユリンスコープ商品説明】
・専用オムツパッド(センサー)
おしっこを検知できるセンサー付きオムツパッド。
・夜尿モニター(送信機)
専用オムツパッドに挟み検知したおねしょ情報を
伝える送信機。
・お知らせライト(アラーム)
夜尿モニターからおねしょ情報を受け取り、
音と光で目覚めさせます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O21-dN9RjLcz

【ユリンスコープの特徴】
・Bluetooth4.0採用
海外で売られているトレーニング商品はセンサーとアラームの通信に有線を多く採用されていますが、ユリンスコープはBLE無線を採用しています。
有線の商品では寝ている時に通信線が体にまとわりつき不快を感じてしまい、夜尿症治療の重要な要素である「良質の睡眠」を妨げてしまいます。ユリンスコープは無線通信ですので通信線のまとわりつきが無く良質な睡眠を取ることができます。
・軽量薄型
ユリンスコープの無線送信機は世界最小最軽量。(※当社調べ)ワイヤレスなのに大きさ30x33㎜重さ8g、薄さは8mmですので、付けている事を忘れるぐらい自然な状態で寝ることができます。
・防水加工
送信機はIPX6相当の防水仕様。丸ごと洗えるのはユリンスコープだけ。
衛生的に使えて、お手入れも簡単にできます。
・おねしょ検知範囲が広い
 有線方式の商品はおねしょを検知するセンサー範囲が非常に狭いです。他社製無線方式でもパッド全体で検知することはできません。ユリンスコープは専用パッドと独自のセンサーパターンにより、おねしょを検知できる範囲を広くすることができました。どんな寝姿勢でもおねしょを逃さず検知して通知してくれます。
・おねしょ検知精度が高い専用パッド 
パッド内部の材料配分、層構造を独自に開発。ユリンスコープ専用パッドは200ml以上の吸収量が有りながらセンサー感度は僅か5mlで即座におねしょを検知できます。
・視認性の良いお知らせライト
受信機全体が光る製品はユリンスコープだけ。視認性が良いので、夜寝る前に電源の入れ忘れがありません。おねしょを検知するとライトが赤色点滅しながらアラーム音で覚醒を促します。

   

 

  電源ON     接続中   おねしょ検知
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O13-804govKq】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O10-pul0ox1g】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O14-5h0Kmu15】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O10-pul0ox1g】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O15-5A0K443N
         お知らせライト

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O9-DNGNPQ6Z【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O8-ZxdpTF8q

  専用パッド   専用センサー

【ユリンスコープ専用アプリ】

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O19-vvl5tNAJ

ユリンスコープ本体と接続することで夜尿の時間(アラームが鳴った時間)を自動で取り込むことが可能となりました。さらにアプリ内にはカレンダー画面、グラフ機能があり、毎日の記録が一目でわかるようになっています。
従来のモデルでは表に手書きで毎日の記録をしていました。今回リリースされる新しいバージョンであれば今まで手書きだったもののほとんどが自動化され、親御さんの負担軽減につながります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O20-U83AmSPb
更には、お使いのスマートホンに取り込んだ夜尿のデータをかかりつけのお医者さんにEメールで送ることも可能となっております。これにより、コロナ渦でなかなか病院に足を運べない親御さんでも、遠隔でお医者さんとコミュニケーションをとることができます。

夜尿症専門医・小児科医 池田裕一 先生監修商品

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078221-O18-9Nz8m74A

夜尿症治療の専門医としても全国的に有名な池田先生と共同開発。
多くの夜尿症患者さんとご家族のかたと治療に取り組む中で培った経験を生かした製品ができました。

【池田裕一先生プロフィール】
1997年 昭和大学藤が丘病院小児科入局。
2000年 神奈川県立こども医療センター 感染免疫、腎臓内科で専門研修を受ける。
2002年 昭和大学藤が丘病院小児科でおねしょ•おもらし外来を担当。
また小児科HP上におねしょ•おもらし相談室を開設し、おねしょや
おもらしでお困りの数多くの保護者からの質問に回答。
2009年 UCSF Benioff Children’s Hospital, カリフォルニア大学サンフラン
シスコ校(CA,USA)に客員研究員として渡米。
2011年 帰国後、今までの経験を生かし多くのメディアに出演。
夜尿症に関する講演会を精力的に実施。

 
【商品構成】
・お知らせライト
・夜尿モニター
・ボタン電池(CR2016)
1日12時間使用で約3ヶ月
・専用ピック(電池交換/調光用)
・専用オムツパッド(Sサイズ、Mサイズ)
セット価格: 16,000 円(税別)
   初期費用が抑えられるレンタルプランもあります
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sherrive-official/

【専用アプリ概要】
・タイトル名:ユリンスコープ
・対応機種:iPhone / Android
・価格:無料
・対応言語:日本語
・対応地域:日本 / アメリカ / 中国 / 香港
・配信:三和株式会社

 

 

スクリーンショット 2020-12-07 152854
スクリーンショット 2020-12-07 152917
スクリーンショット 2020-12-10 172038
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ