プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

花王株式会社

顔プロジェクト<制作レポート④>顔に立体感とリアルさを加える髪や産毛などの植毛

2020年12月11日
花王株式会社

2019年5月、花王は、“個性が輝く顔”をアートとサイエンスの両面から探求するため、2倍サイズの顔の彫像作品を制作する現代美術家Kazu Hiro氏と共同研究を開始したことを発表しました。このレポートではKazu Hiro氏による彫像の制作過程に焦点を当て、作品がどのようにでき上がっていくのかを紹介していきます。第4回目は、髪や眉毛、産毛の植毛の過程。

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=BHIwAi2wqyI
【頭髪の毛を加工する】
シリコーンの肌に色がついた後は、髪の毛や眉毛など毛を植えていく工程に入ります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012108377-O1-y4p0Q6H3

まずは頭髪です。Kazu Hiro氏の作る顔の体積は実物の8倍ほどの大きさになるので、頭髪も人毛では細すぎます。そこで今回は、花王が開発した製剤で処理した人毛を太く膨らませ、使用することにしました。これにより、オードリー・ヘプバーンのストレートで細く、なめらかで艶やかなブルネット(ダークブラウン)の髪の毛を再現することができたのです。晩年の像には白髪を混ぜることで年齢を表現しました。

【頭皮への植毛】
人間の頭髪は十数万本と言われていますが、Kazu Hiro氏は、このシリコーン像に頭髪を一本一本手で植えていきます。針を使って毛をシリコーンの肌に植え込んでいくのです。人間の頭髪は、つむじを中心に渦を巻くように生えています。この像でもそれを再現するように、一本一本毛の向きと角度を微妙に変えながら植えています。朝から晩まで植え続けても数週間かかる、気の遠くなるような根気のいる作業ですが、少しでも気を抜いて毛と毛の間隔が狭くなると、そこだけ黒く固まって不自然に見えてしまいます。常に集中して、等間隔を保って植えていきました。

【 まつ毛、眉毛、産毛を植える】
眉毛と まつ毛には、先が尖って太さがちょうどよい毛を使いました。若い像には濃い色、晩年の顔には薄い色を選ぶことで、年齢に伴う変化も再現しました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012108377-O2-Q4RtR80H

さらに、細さが人間の産毛にちょうどよい白い毛を、頬を中心に植えました。光が当たった時に産毛がハイライトのように明るくなるので、肌の質感がよりリアルになりました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012108377-O3-SgEA1AD3

※本彫像は、オードリー・ヘプバーンを忠実に再現したものではなく、アーティストの解釈によって作られています。

AUDREY HEPBURN™ – TRADEMARK & COPYRIGHT – PROPERTY OF SEAN HEPBURN FERRER AND LUCA DOTTI – ALL RIGHTS RESERVED

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ