プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hydro-Quebec

Hydro-Quebecがエネルギー貯蔵システム専門の子会社、EVLOを立ち上げ

AsiaNet 87143 (2396)

 
【モントリオール2020年12月9日PR Newswire=共同通信JBN】Hydro-Quebecは、安全で効率的かつ持続可能なエネルギー貯蔵システムを設計、販売、運用する子会社であるEVLO Energy Storage Inc.(EVLO)(http://evloenergy.com/ )をこのほど立ち上げた。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1361689/Hydro_Qu_bec_Hydro_Qu_bec_launches_EVLO__a_subsidiary_specializi.jpg

これらの貯蔵システムは、主に電力生産業者、送電プロバイダー、配電業者、および中規模および大規模貯蔵のための商用および産業用市場を対象としている。モジュール式の設計により、さまざまなニーズに合わせて拡張することができる。EVLOシステムには、電力制御およびエネルギー管理ソフトウエアも含まれている。

Hydro-QuebecのSophie Brochu社長兼最高経営責任者(CEO)は「エネルギー貯蔵はエネルギー転換において重要な役割を果たすだろう。われわれはQuebecがバッテリーに関して習得したノウハウは、太陽光発電と風力発電の開発に役立つと確信している。当社製品は、消費ピークの管理など、既存の電力網への適用にも役立つ」と語った。

▽Hydro-Quebecのノウハウを活用
EVLO技術は、この分野で800件超の特許を取得しているHydro-Quebecによる40年以上にわたるバッテリー材料研究開発の結果である。EVLO貯蔵システムは、モンテレジー地域のヘミングフォード変電所でのピークシェービング(エネルギー消費のピーク時に備えてエネルギーを備蓄しておくこと)だけでなく、極限の気象にさらされたケベック州北部のクアクタク・オフグリッドシステムでも、Hydro-Quebecのグリッドで実際の動作条件でテストされてきた。この技術は、Lac- Meganticマイクログリッド(http://evloenergy.com/ )やラプレーリーにあるHydro-Quebecの太陽光発電所(https://www.hydroquebec.com/projects/solar-monteregie/ )でも使用されている。

▽安全で環境に優しい製品
EVLOのリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーは、分子構造が熱暴走に対する固有の保護を提供するため、従来のリチウムイオンバッテリーよりもはるかに安全である。また、自然界に豊富にある無毒性の素材でできているだけでなく、活物質の99%を回収して再利用できるプロセスを使用してリサイクルできるため、環境フットプリントも小さい。その上、EVLOシステムにはコバルトや希土類元素は含まれていない。

▽今日の電力網の変化するニーズに合わせて設計されたシステム
電力システムの運用、制御、シミュレーションにおけるHydro-Quebecのノウハウのおかげで、EVLOは電力生産業者と配電業者の特定のニーズに合わせた製品とサービスを開発することができる。これは、大きな競争上の優位性を表している。

▽EVLOの世界市場での初の大規模貯蔵プロジェクト
EVLOはInnergex energie renouvelable inc.との間でフランスのTonnerreプロジェクト(https://www.innergex.com/tonnerre-energy-storage-project/ )に参加する了解覚書をこのほど締結したと発表した。このプロジェクトでは、RTE(フランス電力公社送電系統管理部門)とInnergexとの長期契約に基づき、フランスの容量要件を満たすサポートをするため、フランスの国営送電プロバイダーであるRTE(https://www.rte-france.com/ )が運営する送電システムに9メガワット時(MWh)の貯蔵システムを設置する。このシステムは2021年に稼働開始の予定。

InnergexのMichel Letellier社長兼CEOは「TonnerreはInnergexの最初のスタンドアロン・バッテリープロジェクトであり、Hydro-Quebecと提携してQuebecの専門知識を国際的に紹介できることをうれしく思う。貯蔵は、世界的な再生可能エネルギーオプション開発において重要な役割を果たし、Innergexの成長の原動力である」と語った。

詳細な情報はhttp://www.evloenergy.com/en を参照

▽Hydro-Quebecについて
Hydro-Quebecは電力を生産し、送り、分配している。カナダで最大の発電業者であり、世界で最大の水力発電業者の1つにランクされている。その単一の株主はケベック政府である。同社は主に再生可能な発電オプション、特に大規模な水力発電を使用している。総体でInstitut de recherche d’Hydro-Quebec(IREQ、Hydro-Quebec研究所)と呼ばれる同社の研究施設は、エネルギー貯蔵を含むエネルギー関連分野の研究・開発を行っている。

詳細はhttp://www.hydroquebec.com を参照。

▽Innergex energie renouvelable inc.について
Innergexは、水力発電施設、風力発電所、太陽光発電所、およびエネルギー貯蔵施設を開発、取得、所有、運営する独立した再生可能エネルギー生産業者である。同社は、再生可能エネルギーから発電することで、より良い世界への道が開かれると考えている。グローバル企業として、カナダ、米国、フランス、チリで事業展開している。同社は、75の運営施設と開発中の10のプロジェクトへの関心を含む高品質の資産からなる大規模なポートフォリオを管理している。

詳細はhttp://www.innergex.com/ を参照。

▽問い合わせ先
Hydro-Quebec
Media relations
Jonathan Cote
+1 514 289-3227
cote.jonathan2@hydroquebec.com 

ソース:Hydro-Quebec

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ