プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Volocopter GmbH

Volocopterがシンガポールでエアタクシーサービスを開始するとのコミットメントを発表

AsiaNet 87125(2387)

【シンガポール、ブルッフザール(ドイツ)2020年12月9日PR Newswire=共同通信JBN】アーバンエアモビリティー(UAM、Urban Air Mobility)のパイオニア、Volocopterはシンガポールとの2年間の緊密な協力の後、9日、シンガポールでエアタクシーサービスを開始するというコミットメントを発表した。Volocopterは、シンガポール経済開発庁(EDB)およびシンガポール民間航空庁(CAAS)と協力して、今後3年以内に東南アジアの都市国家、シンガポールでエアタクシーサービスを実現する計画である。これにより、シンガポールはアジア初のアーバンエアモビリティーを開始することになる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1361664/EDB_Announcement_VoloCity_Singapore.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1361665/volocopter_Logo.jpg

Volocopterは2019年10月、シンガポールの中心部でマリーナ・ベイ地区を巡る歴史的なエアタクシーのデモフライト(https://www.youtube.com/watch?v=ZH7DSFRCqDQ )を完了し、オブザーバーたちにUAMがどのようなものなのかの感覚をつかむユニークな機会を提供した。Volocopterはシンガポールでのサービス開始に先立ち、CAASや欧州航空安全機関からの承認など必要な規制当局の承認を取得する。これを達成するために、Volocopterは商用エアタクシー運行開始の承認取得の前に、包括的なテスト、飛行試験、評価、認証を実施する。

VolocopterのFlorian Reuter最高経営責任者(CEO)は「シンガポールは、新しいテクノロジーの適応と生活における主導的な役割で有名である。前回のフライトでEDB、MOT、CAASとの協力が成功したことは、アジアで電動エアタクシーサービスを開始するのにシンガポールが最適であることを示している。研究開発を行っているシンガポールの研究機関は、これに不可欠な役割を果たしている。自動運用のためのルート検証、材料科学、バッテリー技術に関する研究などのトピックスは、当社の長期的なビジネスの成功にとり極めて重要である」と語った。

最初のルートは、マリーナ・ベイのスカイラインの息を呑むような景色を提供する、南部の海を巡る観光ルートとなる見込みである。その後のコネクションには、国境を越えたフライトが含まれる可能性もある。これにより、地域的コネクティビティーが強化され、シンガポールの最も近い経済センターへの旅行体験が大幅に向上する。

EDBのTan Kong Hwee執行副長官は「アーバンエアモビリティーは、われわれがシンガポールの成長産業として特定した、より広範なモビリティーセクター内の新興分野である。シンガポールは、自動運転車、電気自動車、アーバンエアモビリティーの重要な地域的テストベッドであり、これには2019年のVolocopterによるテスト飛行の成功も含まれる。Volocopterが商業・研究開発活動のアンカーとしてシンガポールを選んだことをうれしく思う。これは、モビリティーエコシステムのための新たな能力を構築し、シンガポールにとって多くの刺激的な機会創出をサポートするものになる」と語った。

CAASの無人システムグループ上級ディレクター、Tan Kah Han氏は「この新しいアーバンエアモビリティーの分野でVolocopterとの協力を継続することを楽しみにしている。これにより、規制や技術を業界と共同でつくり出す機会が得られ、シンガポールの将来の交通手段を実現するイノベーションが促進される」と語った。

Volocopterのエアタクシーは、垂直に離着陸し、排出物を出さない航空機である。これらは都市モビリティーへの追加として設計されており、最大2人の乗客を直接かつ静かに目的地まで運び、都市の生活の質にまったく新しい次元を提供する。

▽Volocopter GmbHについて
Volocopter GmbHは世界中の巨大都市に手頃なエアタクシーのサービスを届けるべく、世界初の持続可能でスケーラブルな都市型エアモビリティー事業を構築しつつある。Volocopterはパートナーを主導、共同で「Bring Urban Air Mobility to Life(アーバンエアモビリティーの実現)」に必要なエコシステムを構築している。同社は2011年に創業、現在、200人の従業員を擁し、合計1億2200万ユーロの株主資本を調達した。www.volocopter.com

ソース:Volocopter GmbH

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ