プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PostEra

PostEraが創薬向けの機械学習促進へファイザーと複数年の戦略提携

AsiaNet 87085 (2369)

 
【サンフランシスコ2020年12月8日PR Newswire=共同通信JBN】前臨床創薬向けの機械学習ソリューションが専門のバイオ技術企業PostEra(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3004173-1&h=522007963&u=https%3A%2F%2Fpostera.ai%2F&a=PostEra )は8日、生成化学に基づくプラットフォーム技術の開発による小分子創薬加速を目標にしたファイザー(Pfizer Inc. )(NYSE: PFE)との戦略提携を発表した。

PostEraの機械学習技術は、最適の潜在力とドラッグライクネスを持つ新しい分子構造の設計による創薬プロセスの加速を目指している。PostEraの手法は医薬品化学者の設計仮設を具体化するだけでなく、化学合成も考慮に入れる。

両社は共同事業を通じて、ファイザーの広範なデータと専門知識を生成化学の科学を前進させるPostEraの技術機能によって活用し、組織内の前臨床創薬の取り組み全体で利用できる最先端の拡張性のあるモデルを生み出す。

PostEraは前払いを受け、プロジェクトの進展によって追加支払いを受けることができる。同社は共同事業で開発されたすべてのアルゴリズムの所有権も維持する。

PostEraのAaron Morris最高経営責任者(CEO)は「前臨床創薬の重要な弱点の一部を解決するためにファイザーと協力することをPostEraは喜んでいる。チームとしてこの共同事業に加わるのは光栄であり、PostEraの機械学習の多くの前進を活用し、ファイザーが新しい治療薬開発の進展を加速できるよう支援していく」と語った。

ファイザーの医薬設計責任者のCharlotte Allerton氏は「機械学習技術への投資はわれわれの前臨床創薬の促進に役立つ可能性があると考えている。PostEraの技術はこの取り組みを補完するもので、われわれはこの共同事業の結果を楽しみにしている」と述べた。

▽PostEraについて
PostEraは2019年に創業、その技術はケンブリッジ大学での先駆的な学術研究を基礎とする。この技術は、化学合成と一体化した分子設計による創薬研究開発の重要な課題の一部に対応している。PostEraはドラッグハンターと提携し、前臨床プログラム促進を手助けしつつ、同社のManifold(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3004173-1&h=2318415732&u=https%3A%2F%2Fpostera.ai%2Fmanifold&a=Manifold )ウェブプラットフォームを通してその合成技術の一部を提供する。PostEraは世界最大のオープンサイエンス創薬事業である「COVIDムーンショット(Moonshot)」も開始、主導している。

https://postera.ai/

ソース:PostEra

▽問い合わせ先
Aaron Morris
aaron.morris@postera.ai

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ