プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Celonis株式会社

Celonis、業界初の「Execution Management System」を発表

業務プロセス手順の自動化で、ビジネスパフォーマンスの最大化を実現 

【報道資料】
2020年12月8日
Celonis株式会社

Celonis、業界初の「Execution Management System」を発表
業務プロセス手順の自動化で、ビジネスパフォーマンスの最大化を実現 

(本リリースは 2020年10月14日にドイツで発表されたリリースの抄訳をベースにしています) 

 Celonis SE(ドイツ、ミュンヘン:以下、Celonis社)は2020年10月14日(現地時間)、プロセスマイニング業界初となる、「Celonis Execution Management System:以下、Celonis EMS」を発表しました。「Celonis EMS」は企業が目指す「業務オペレーションの最適化」を実現すべく、それを妨げるシステムの複雑性といった課題を解決します。 

 現在、中堅・小規模企業から大規模企業にいたるすべての企業は、数百から数千のシステムを複雑に組み合わせて、コアプロセスやオペレーションを運用しています。しかし、複雑で断片化されたシステム環境は非効率であり、オペレーション能力とビジネスパフォーマンスの低下を引き起こしてしまいます。 

 今回発表した「Celonis EMS」は、企業の業務システムの全体像を俯瞰し、リアルタイムで業務オペレーション効率を低下させる制約の解除を実行します。市場をリードするCelonis社の「プロセスマイニング エンジン」を活用し、業務を実行している全てのシステムからデータを抽出し、業務オペレーション効率化の障壁を特定して測定します。「Celonis EMS」は、業界内最高クラスのナレッジ、アクション指示、自動化機能を備えています。これにより、システムの複雑性やプロセスの実行フローのばらつきの発生という課題を、系統立てて解消します。 

 すでに「Celonis EMS」を導入している企業は、プロセスマイニング技術を利用して、既存システムに手を加えることなくデータを連携させ、業務オペレーション効率を常に把握し、その能力を最大限に引き出しています。たとえば、一般的な企業の財務・管理部門では、タッチレスで人手を介さずに請求業務を実施する平均請求率はわずか27%ですが、「Celonis EMS」を導入している企業では、同比率が90%に達しています。また、サプライチェーンにおける平均的な納期遵守率は43%に留まっていますが、「Celonis EMS」を導入している企業では、同比率が95%以上となっています。さらに、顧客サービスでは、平均的なネットプロモータースコア(NPS)が32であるのに対し、「Celonis EMS」を利用している顧客のNPSは常に70を維持しているなど、平均値の倍以上のスコアを獲得しています。 

 Celonisの共同CEO兼共同創業者であるAlex Rinke(アレックス・リンケ)は、次のように述べています。 

 「われわれは、新しい時代に向けて競争し発展していくために、すべてのビジネスプロセスや機能が再編成されるという『現代版産業革命』に直面しています。そこではビジネスを堅調に成長させている経営者でさえもシステムの阻害要因を取り除くのに悪戦苦闘しています。今回、われわれが提供する『Celonis EMS』は、この課題に対する“解”となるものです」 
 過去10年間にわたりCelonis社は、プロセスの問題を発見/解決する業界最先端のプロセスマイニング エンジンを提供してきました。今回リリースした『Celonis EMS』は、プロセスマイニングの機能をさらに一歩進め、ビジネスのあらゆる局面で、業務オペレーション効率(Execution Capacity)の向上を実現します。 

 実際、我々は『Celonis EMS』を導入したお客様が、着実にパフォーマンスを向上させ、導入後90日以内に導入前と比較し、5倍のROI(投資収益率)を達成したことに驚いています。『Celonis EMS』を導入することで、すべてのお客様がビジネスにおけるシステム実行管理の手法を再定義できると確信しています」 

Celonis EMSについて

 今回リリースした『Celonis EMS』は、市場をリードするCelonis社のプロセスマイニング エンジンをベースに構築されています。Celonis Execution Apps、Celonis Execution Instruments、Celonis Studio、プラットフォーム機能などの新セットを備えており、分析から戦略、計画、管理、アクション、自動化まで、業務実行管理のあらゆる側面を管理できるように設計されています。 

 米国Ingram Micro(イングラム マイクロ)でグローバルビジネスサービス担当シニアバイスプレジデントのJana Vondran(ジャナ・フォンドラン)氏は次のように述べています。 

 「『Celonis EMS』を導入してビジネスプロセスの透明性を確保することは、単なる出発点に過ぎません。透明性によりビジネスプロセスのどこに阻害要因があるかを把握することは重要です。しかし、『Celonis EMS』の真価は、業務を先に進める次のアクションを迅速に実施できることであり、究極的には業務変革を実現できることです。弊社は3,000人以上の従業員を抱えるグローバル ビジネス サービス グループで『Celonis EMS』を使用していますが、トランザクションプロセスの最適化と自動化に大いに役立っています」 

機能強化とアップデートポイント

・Celonis Execution Instruments(旧:プロセスマイニング分析アプリケーション) 
『Celonis EMS』には、既に開発された170以上のExecution Instrumentsが備わっています。プロセスアナリストは、現状の業務オペレーション効率(Execution Capacity)を測定して把握し、業務オペレーション効率(Execution Capacity)を低下させている阻害要因を特定することが可能です。 

・Celonis Execution Apps(旧:オペレーショナル アプリケーション) 
Celonis Execution Appsにはオポチュニティ管理や買掛金管理、売掛金管理のアプリケーションが包含されています。これらのアプリケーションはデータに基づきリアルタイムで業務オペレーション効率(Execution Capacity)を測定し、ビジネスに大きく影響する阻害要因を把握し、それらを解消するための最適なアクションを提供します。Celonis Execution Appsは、日常的な意思決定の自動化を進めると同時に、適切な担当者を割り当て実践的なアクションが実行できるようにします。 

・Celonis Studio 
新版のCelonis Studioは顧客やサードパーティパートナー(エコシステム パートナー)が、Celonis EMS上でExecution InstrumentsやExecution Appsを構築する開発環境です。今回、Celonisはパートナーが構築した以下のExecution Appsのリリースも発表しました。これらのアプリは、Celonis EMSストアで購入できます。 

・「Demand Driven Material Requirements Planning (MRP) Value Mining」……Camelot(キャメロット)社 
・「Controls Excellence」……Protiviti(プロティビティ)社 
・「Value Added Tax (VAT) Control」……Zailution(ザイルション)社 

 また、Celonisは同日、業界で最も先進的なオンライン自動化システムを提供するIntegromat(インテグロマット:チェコ、プラハ)の買収も発表しました(別リリース参照)。「Celonis EMS」にIntegromatの機能を追加することで、顧客はシステム、アプリケーション、タスクの自動化を実現し、全レベルで課題となっている複雑性を解消できます。Integromatの自動化システムは、『Celonis EMS』に完全に統合され、Celonis のプロセスマイニングのコア技術である自動化エンジンの能力をさらに高めます。 

「Celonis EMS」の詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。https://www.celonis.com/ems 

Celonisについて

 Celonisは、すべての企業がプロセスマイニング技術を使うことで、既存システムに手を加えることなくデータを連携させて業務オペレーション効率(Execution Capacity)を最大化させることができると信じています。市場をリードするプロセスマイニングエンジンを搭載した「Celonis EMS」は、Celonis Execution Instruments、Celonis Execution Apps、Celonis Studio、プラットフォーム機能のセットを提供します。CelonisのEMS製品は、分析から戦略・計画、管理、アクション、自動化に至るまで、実行管理のあらゆる側面を支援します。 

 Celonisは、Asea Brown Boveri(アセア・ブラウン・ボベリ)、AstraZeneca(アストラゼネカ)、Bosch(ボッシュ)、Coca Cola(コカコーラ)、Citibank(シティバンク)、Dell(デル)、GSK(グラクソ・スミスクライン)、John Deere(ジョン ディア)、L’Oreal(ロレアル)、Siemens(シーメンス)、Uber(ウーバー)、Vodafone(ボーダフォン)、Whirlpool(ワールプール)など、数千社のお客様にご利用いただいています。Celonisはドイツミュンヘンと米国ニューヨークに本社を置き、世界15拠点でオフィスを展開しています。 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ