プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NordVPN

新型コロナウイルス対策を恐れ、日本国民のVPNへの関心が150.81%急増

AsiaNet 87038

新型コロナウイルス対策を恐れ、日本国民のVPNへの関心が150.81%急増

先週、国内旅行補助金からの埼玉県と大阪府の除外を受け、日本国内でプライバシーへの懸念が急激な高まりを見せました

ロンドン、2020年12月6日 /PRNewswire/ — 新型コロナウイルス発生の中、日本企業はVPNオンラインセキュリティツールの装備を急いでいます。NordVPNでは、最近の新型コロナウイルス流行の再燃で札幌市と大阪府が国内旅行補助金キャンペーンから3週間除外されることが発表された後、サービスへの関心が過去最高の高まりを見せ、一晩で150.81%急増したと報告しています。

「人々は、在宅勤務の場合、デジタル通信が企業の境界線によって保護されないことに気付いています。驚くことに、人々は当社のコンシューマーソリューションに殺到しています。つまり、在宅勤務のための企業保護対策が施されていない可能性があるということです」とNordVPN (https://nordvpn.com/ja/ )のデジタルプライバシーの専門家であるDaniel Markuson氏は述べています。

関心の高まりが最も大きい大阪府では、VPNへの関心が一夜にして314.35%急増しました。埼玉県では、229.08%の上昇がありました。東京都でも同様の傾向が見られ、104.54%の成長が見られました。

今年の春以降、VPN市場は世界的な規模で盛り上がりを見せています。年初の時点では、在宅勤務の常態化には程遠いと考えられていたため、企業は新型コロナウイルス流行の影響による在宅勤務への準備がほとんどできていませんでした。ロックダウン中、企業向けサイバーセキュリティソリューションであるNordVPNチーム (https://nordvpnteams.com/ )の使用率が165%増加し、全体の売上が600%近く増加しました。企業がサイバーセキュリティの基本的なツールをギリギリのタイミングで取得したことは、急激なシフトへの準備ができていなかったことを物語っています。

サイバー犯罪の発生率が世界的に上昇しているため、VPNは非常に重要です。FBIによると (https://www.ratchetandwrench.com/articles/10559-the-rise-and-rise-of-cybercrime#:~:text=Cybercrime%20was%20high%20before%20the,we%20are%20their%20day%20job )、米国では、40秒に1回ランサムウェアによる一般企業への攻撃が発生しているとされています。「日本も例外ではないと考えるべきです」とDaniel Markuson氏は付け加えます。

VPN接続は、リモートサーバーを介してインターネットトラフィックをリルートし、IPアドレスを置き換えることで、身元を隠すことができます。また、強力な暗号化でトラフィックを保護し、活動のログを残さないようにします。

NORDVPNについて
NordVPNは世界中の1400万人以上のインターネットユーザーに利用されている世界で最も先進的なVPNサービスプロバイダーです。NordVPNはダブルVPN暗号化、マルウェアブロック、オニオンオーバーVPNを提供しています。同社の製品は非常にユーザーフレンドリーであり、世界60カ国で5,500台以上のサーバーを保有しています。

詳細はこちら:nordvpn.com (https://nordvpn.com/ja/

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ