プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Microland

Weir GroupがMicrolandと戦略的提携に調印、デジタルインフラストラクチャートランスフォーメーション・プログラムを遂行

AsiaNet 87053 (2351)

【ベンガルール(インド)、アトランタ、ロンドン2020年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】デジタルトランスフォーメーションのグローバルカンパニーであるMicrolandは4日、スコットランドのグラスゴーに本社を置くグローバルエンジニアリングカンパニーであるThe Weir Group(Weir)に同社のデジタルロードマップの策定と履行をサポートする主要パートナーに選ばれたと発表した。この戦略的プログラムの第1段階で、MicrolandはWeirの世界規模のLANおよびWANネットワーク、コンピューティング、サイバーセキュリティーのインフラストラクチャー管理をサポートする年中無休稼働の専用施設を設置した。

MicrolandのAshish Mahadwar社長は「Weir Groupがサービスを提供する市場で最も称賛されるエンジニアリング企業になるという同社のビジョンをサポートする主要パートナーとしてMicrolandを選んだことを大変うれしく思う。Microlandは30年以上にわたり、この分野のリーダーとしてクライアントに安定的に信頼できるサービスを提供してきた。『Making Digital Happen(デジタル実現)』に重点を置いたこの広範囲の経験によって、われわれはWeirのITトランスフォーメーションのニーズを支援できる立場にある」と語った。

Weir Group PLCは、世界をリードするエンジニアリング企業の1つである。世界に展開する研究センターと製造施設によって、同社は高摩耗アプリケーションで使用される一連の高度エンジニアリングソリューションを設計、生産し、それら全てが比類のない世界規模のサービスネットワークによってサポートされている。顧客向けの同社ソリューションのミッションクリティカルな特質を考えれば、Weirは同社のデジタルトランスフォーメーションのニーズをサポートできる適切なパートナーを選ぶことが必要だった。

The Weir GroupのGarry Fingland最高情報責任者(CIO)はこの関係について「加速する技術進歩のペースを考慮すると、われわれのITトランスフォーメーションのジャーニーを支援、強化できるパートナーと協力することが極めて重要である。われわれは『Making Digital Happen』へのMicrolandのコミットメントと、実績がある同社の実行力に感銘を受けた。同社の技術に関する専門知識とサービスの卓越性によって、われわれは中核的なインフラストラクチャーにおける効率性、実効性、強固なセキュリティーをすぐに実現することができ、完全なデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要な基盤を提供された。Microlandは45日間という記録的な期間でデジタルオペレーションセンターを設置し、移行を極めてスムーズかつプロフェッショナルに遂行することで、今回のプログラムの第1段階でそのコミットメントに応えた」と語った。

ITインフラストラクチャートランスフォーメーションのパイオニアであるMicrolandはこの31年間、大小の企業が競争上の優位性のためにテクノロジーインフラストラクチャーを活用することを可能にした。世界に影響を与えたパンデミックに関し、Microlandは新しいテクノロジー非依存のデジタルソリューションを提供し「ニューノーマル」のニーズに応える手法を完成させた。AIOps、IIoT、オートメーションのソリューション開発能力を実現するため、Microlandは次世代のテクノロジートランスフォーメーションと採用を促進することによって、同社の顧客数社のピボットのデジタルビジネス化で支援してきた。

MicrolandのKarthikeyan Krishnan上級副社長(EMEA担当)は「われわれはCOVIDのパンデミックの期間、Weirとの提携を拡充し、今回のパンデミックによって迅速なトランスフォーメーションが必要となったことから、われわれはWeirの課題を果たすために一層の努力をした。WeirとMicrolandの関係が深化できたのは、極めて短い期間で提供できる当社の能力のおかげである。これは、当社チームのMicroland社員全てが熟知する同社の核となる考えと顧客中心のバリューシステムによって可能になった」と語った。

▽Microlandについて
Microlandのデジタル配信と「Making Digital Happen」(デジタル実現)は、テクノロジーの役割を広げ、介入を狭めることを可能にする。同社は、企業が次世代のデジタルインフラストラクチャーを導入するのを容易にする。同社はクラウドおよびデータセンター、ネットワーク、デジタルワークプレース、サイバーセキュリティー、インダストリアルIoTに関する同社の専門技術・知識を活用してこれを実現し、卓越した技術の導入が予測可能かつ信頼性と安定性が高いことを確かなものとする。

世界がCOVIDに影響を受けたことで、Microlandは当社の顧客および潜在顧客により関連性があるサービスにこれまでに以上の高い集中力を持って、企業のデジタル実現を図っている。1989年に創業し、インドのベンガルールに本社を置くMicrolandはアジア、オーストラリア、欧州、中東、北米にオフィスとデリバリーセンターを構え、4500人以上のデジタルスペシャリストを擁している。

詳細はウェブサイトhttps://www.microland.com/ を参照。

▽メディア関係問い合わせ先
indusekharcv@microland.com

▽The Weir Groupについて
1871年に創業したThe Weir Group PLCは有力な採掘技術企業であり、顧客の業務をより持続可能かつ効率的にすることを目標にしている。同Groupは、構造的なトレンドから恩恵を受ける理想的な地位にあり、人口構造の変化と動力・輸送の電化をサポートする必須金属へのニーズを含め、同社のテクノロジーに対する長期需要をサポートしている。Weirの高度なエンジニアリングテクノロジーは、少量のエネルギー、水、廃棄物によって極めて貴重なリソースを産出することを可能にし、顧客の総所有コストを削減する。同グループは50カ国以上で約1万3000人を雇用し、1946年からロンドン証券取引所に上場している。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1343841/Microland_Logo.jpg

ソース:Microland

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ