プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

位置情報データで人流を把握、統合メディア視点で OOH広告プランニング・効果検証を行う「OOH LIQUID」開発

2020年12月7日
株式会社 電 通

 
位置情報データで人の流れを把握し、統合メディア視点で OOH広告のプランニング・効果検証を行う「OOH LIQUID」を開発

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、スマートフォンアプリの位置情報を用いてOOH(屋外・交通)広告に接触した生活者の実行動分析を行い、統合メディア視点でOOH広告のプランニングから効果検証までを行うことができる手法「OOH LIQUID」を開発しました。2018年に開発した「STADIA OOHプラス」(β版)を拡充したもので、OOH媒体ごとの推計広告接触人数をタイムリーに週次で把握でき、その値や増減推移を可視化するダッシュボード機能を搭載。この度正式版としてリリースし、広告主への企画提案に活用してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012048124-O1-XIVR4tvf

 従来のOOH広告は、出稿時に広告接触状況を可視化することが難しく、そのため実際の効果が把握しにくいという課題がありました。電通では、GroundTruth社※1がユーザーの許諾を得て匿名取得する高精度な位置情報データを活用することで、OOH広告の媒体単位(媒体社が販売しているメニュー単位)で人流を分析し、推計広告接触人数を算出することを可能にしました。さらに、OOH媒体ごとに三つの切り口で推計広告接触人数を捉えるダッシュボード機能を実装しました。

■ダッシュボードで把握できる推計広告接触人数(2020年12月時点)
 
①推計広告接触人数の週次推移※2
②任意週における、性年代別※3の推計広告接触人数
③特定の期間と比較した推計広告接触人数の増減率(前週、前月との比較が可能)

 これにより、OOH広告の推計広告接触人数に基づいた出稿時期の検討や、出稿後の効果検証が可能になります。

 さらに「OOH LIQUID」では、テレビの実視聴ログに基づき広告配信・効果検証を行う統合マーケティングプラットフォーム「STADIA※4」との連携や、電通グループ独自のデータ基盤である「People Driven DMP®※5」の活用で、「サイト来訪」や「店舗送客」などのKPIに沿った、高度なOOHのプランニング・効果検証が可能です。

■OOH LIQUIDの仕組み

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012048124-O2-SP497wG1

 今後も当社は、統合プランニングにおけるOOHメディア価値の可視化に向けて、各種データや最新のテクノロジーを有する企業との提携、および独自のソリューション開発により、「People Driven Marketing」の強化を推進していきます。

 
※1 2018年3月に電通が資本業務提携した米国の位置情報データ会社。

※2 2020年1月13日以降推移を計測。

※3 GroundTruth社の独自ロジックで推計。また、性年代区分はGroundTruth社が独自に設定。

※4 STADIAは、テレビをはじめとする“オフライン”メディアと、スマートフォンやPC上の“オンライン”メディアのデータを統合し、より効果的なマーケティングを実現させるオンオフ統合ソリューションです。2020年11月時点で約670万台のテレビの視聴ログデータと、約1,300万台のモバイル広告IDや約1.4億件のCookie IDのオーディエンスデータ規模を有しています。

※5 People Driven DMP®は、PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ(STADIA)、ウェブ広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データなどを人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketingのデータ基盤です。詳細はサイトを参照ください。https://www.dentsu.co.jp/business/pdm/

以上

 

【事業に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 アウト・オブ・ホームメディア局
        飯田、小林
        Email: programmatic-ooh@dentsu.co.jp

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ