プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

台湾デザイン研究院(Taiwan Design Research Institute)

新竹で台湾デザイン展:展示スペースとしての都市、生活の一部としてのデザイン

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078207-O1-Sew060V2
新竹モンスター

 
AsiaNet 86808 (2229)

【台北2020年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】新竹市はこのほど、台湾デザイン研究院(Taiwan Design Research Institute)と協力して台湾デザイン展(Taiwan Design Expo)を開催した。博覧会はスペースのフォーマットを破り、都市全域を展示スペースに転換した。市民は市内と、修復の場でもある展示会場に入るよう招かれた。新竹は「Check in新竹-人来風(Check in Hsinchu)」をテーマに、メーン展示会場2カ所、歩行者ルート6本、単一軸沿いのパビリオン12館を展開、新竹独自の技術的特徴をデザインに導入し、魔法の光とデータを使って、300年の古都がデジタル技術都市になる旅路に人々を誘った。博覧会はまた、市内各所に「Hsinchu Monsters(新竹モンスター)」をデザイン・制作し、人々を旧市街地区の狭い路地に引き付け、体験と消費の創出を期待した。ビジターはこれらの路地をさまよい、新竹の素晴らしい所を学んだ上で地域をよみがえらせた。

マルチメディアリリースの全容は以下を参照:
https://en.prnasia.com/mnr/TDRI_202011.shtml

林智堅(Lin Chih-chien)市長は国際デザインフォーラム(International Design Forum)(https://futurecity.cw.com.tw/special_preview/56 )で新竹市の転換を発表した。

新竹は面積104平方キロメートル、人口45万人の小都市で、台湾最多のハイテク企業を擁することに加え、300年の歴史を持つ古都でもある。新竹は最近のサイエンスパーク成長のおかげで、新市民が流入し続け、高収入、高教育、高出産率、年少人口の都市に転換している。新竹のLin Chih-chien市長は若い市民の生活ニーズに応え、都市の全面転換に着手することを決断した。

新竹の旧市街地区は市内最古の部分で小さく、狭い路地がある。しかし、サイエンスパーク開発と都心シフトで旧市街地区の発展は停滞した。新竹市政府はこの地区を都市転換の出発点にすることを決めた。小さく混雑した地区特性に注目して「Pedestrian City Project(歩行者都市プロジェクト)」を提案し、中央政府の「The Forward-Looking Infrastructure Development Program(将来を見据えたインフラ開発プログラム)」の補助金を申請した。

新竹市は都市ガバナンスにデザイン思考を導入し、デザインが地元の文化・歴史と調和できるようにした。新竹駅や新竹図書館女性児童会館などの史跡は、都市の歴史的記憶を再発見できるように修復された。新竹市は生活の質について、市民のニーズを優先して人間中心のアプローチを取り、新竹公園、新竹市立動物園、ウオーターフロントなどの修復では専門家に敬意を表し、減算設計を採用した。同氏はまた、転換範囲を拡大し、New School Campus Movement、公園修復プロジェクト、サイネージシステム再設計、安全な歩行者ルート、歩行者に優しい交差点、地中送電線を通じて、より住みやすい都市になるよう努めている。

CommonWealth Magazineの「2020 City Happiness Survey」によると、新竹市民の90%以上は同市に住んで幸せだと述べている。同誌はまた、市長がデザインを重視する都市の中でCitizen Happiness Index(市民幸福指数)が大幅に高いことを見いだした。台湾社会では、もはや政府満足度で数字を求めていないことが証明された。人々は今、歴史的保存、文化教育などの社会問題を考慮している。新竹の成功物語は、デザインの都市導入が市民の行動を変え、都市問題を解決し、独自の都市DNAを育成できることを示した。

ソース:Taiwan Design Research Institute

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377782
写真説明:台湾デザイン展で新竹バスターミナルの屋根に据えられた新竹モンスター

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377784
写真説明:T1展示エリアは日常生活の管理システムを紹介、都市の運用状況とリアルタイムの個人参加を見て、新竹をアクティブ都市に転換

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377785
写真説明:台湾デザイン展のターゲットデザイン

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377786
写真説明:T5展示エリアは人と環境の相互作用と消滅と再生のバランスを考察

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377788
写真説明:台湾デザイン展の期間中に旧市街地区に展開した市場

台湾デザイン展で新竹バスターミナルの屋根に据えられた新竹モンスター
T1展示エリアは日常生活の管理システムを紹介
台湾デザイン展のターゲットデザイン
T5展示エリアは人と環境の相互作用と消滅と再生のバランスを考察
台湾デザイン展の期間中に旧市街地区に展開した市場
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ