プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ハクブン

株式会社ハクブン  1日最大1万円支給、美容業界初!復職支援保育サービス

“家族ファースト、仕事セカンド!気軽に美容師復職システム”

株式会社ハクブン(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 岩崎博文、以下「美容室IWASAKI」)は、美容業界で初めて、女性美容師の復職支援を目的とした画期的な取り組みを始めました。
この取り組みは、休職中の女性美容師が気軽に短時間復職することを目的として導入された福利厚生です。
美容室IWASAKIは休職中の女性美容師が短時間(実働1時間~)、自分の働きたいときのみ復職できるようベビーシッター費用を最大1万円(2020年11月現在)会社が負担する福利厚生を開始しました。
美 容業界の中では、当社が初めてこのシステムを導入いたします。 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078201-O3-n4Jloune】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078201-O2-Th0He3W3
実際にサービスを利用し子供を預ける際の写真(左)     子供と遊ぶベビーシッター写真 
    
■美容業界の抱える問題

2013年度末時点で美容師免許の登録者数はおよそ124万人。理容師美容師試験研修センターが発表している「過去の試験実施状況」※1を見ると、美容師国家試験は毎年1万8000人規模で合格者が出ているため、現在までの合格者数を足し上げていくと、18年度までで130万人超が美容師免許を保有していると考えられます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012078201-O4-0kJbpSC8

 一方、美容師として従 業している人の数は、厚生労働省発表の「平成31年度衛生行政報告例」※2によれば、2019年度3月末時点で全国に53万人ほど存在しています。つまり、80万人超(約62%)の人が、美容師免許を持っていながら美容師以外の仕事をしていることになるのです。特に、女性美容師が復帰できない理由は、福利厚生や社会保障制度が未整備で産休、育休取得ができない、夜遅くまでの業務になりやすい、子育て中の自分に合ったサロンが見つからないなど、復帰を諦めざるをえない事実があるようです。※3
※1「美容師の合格者数一覧」 https://www.beautopia.jp/13868
※2「2019年衛生行政報告」分析記事 http://ribiyo-news.jp/?p=27140
※3「ママ美容師の復職に関する実態調査1000人アンケート集計結果」https://mamasta.jp/blog/2018/09/1000-1.html

■システムの特徴
①美容業界の抱える問題に対して業界に先駆けて対応することで、今後減少が見込まれる美容師数を抑止することが期待されます。
②利用方法は、インターネットを通じて会社に申請し、その後簡単な処理を行うだけで利用できます。
③不在時の炊事洗濯なども状況が許せばお願いできます。

<システム内容>
“家族ファースト、仕事セカンド!気軽に美容師復職システム”
https://service-award.jp/result_detail03/creation03.html#ttllink 美容師求人IWASAKI
〈当社で働く人の声〉
http://www.hkbn.co.jp/iwasaki/index.html

■今後の展望
現段階では、復職の際の一助としてこのシステムを活用しておりますが、今後在職者へ向けてもこの取り組みを拡大することを予定しております。当社では、これらのシステムが広く普及することで、共働きがスタンダードになりつつある現代の家庭事情において、働く人が仕事と家庭両立しながら毎日を、いきいきと過ごせるよう支援を続けてまいりたいと考えております。

■制度導入により見込まれること
①産休・育休を取得し、長期間休職した女性美容師の技術力低下の懸念などの復職へのハードルを下げ、
スムーズな復職を促すことで女性活躍躍進が見込まれる点
②女性美容師の方が、慣れない育児をする中で蓄積したストレスのリフレッシュに活用していただける点
③共働き家庭においては今後システムを拡充することで、より働きやすい環境を実現できる点

■「美容室IWASAKI」とは
業界で初めて1000円以下のカットサービスを提供し、美容業界のコストプライスリーディングカンパニーとして、約40年に亘る経験と実績を持つ美容室IWASAKIは、今期新たに97店舗を開設、全国で 約950店舗の理美容室チェーンを運営しています。これからも「最高水準のサービス提供と働きやすさの創造で社会に貢献する」を理念に、理美容室運営から職業訓練校運営、映画製作、官公庁連携商品の開発等、幅広い事業の展開により、働く理美容師の皆様を力強く支援していきます。

■保育補助金支給制度導入に関する代表取締役 岩崎博文のコメント
「今回の取り組みは、『働く1人1人の社員のために存在する』という経営理念の1つを体現する制度です。この制度を活用することで、育児に忙しいお母さんでも、より働きやすい環境を整備し、ライフワークバランスの推進に役立ててもらえればと思います。美容師の免許を取得し1人前のスタイリストになるのには相当な努力が必要です。そのように努力をして取得した技術を眠らせておくのはもったいないです。当社、はこれからも働きたい美容師を全力でサポートできる企業であり続けたいですし、サービスのみならず働く人の働きやすさの追求のために、常に業界にイノベーションを起こす企業であり続けたいと考えております。」

■制度利用者の感想
“ベビーシッターさんは、凄く感じが良く、保育前に丁寧に説明もしていただけました。“
“子供たちも大喜びでまた来てほしいと言っています。”
“仕事と育児の両立がしやすくなり、リフレッシュできています。”

美容室IWASAKIお客様向けHP  URL:http://hkbn.co.jp/iwasaki/
株式会社ハクブン公式ホームページ  URL:http://www.hkbn.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ