プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社インフォメーション・ディベロプメント

インフォメーション・ディベロプメント サイバーセキュリティウェビナーを開催

「2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説! 変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?」

2020年12月4日
株式会社インフォメーション・ディベロプメント

インフォメーション・ディベロプメント ウェビナー「2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説! 変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?」を開催

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 利雄 以下、当社)は2020年12月18日に、「2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説!変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?」と題したウェビナーを開催いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012048177-O1-h0nTn771
2020年。社会のデジタル化が加速すると共にサイバー脅威も進化を続け、多数のサイバーセキュリティインシデントが発生しました。
十分なセキュリティ対策をとれないままで不安に思われている企業や組織も多いのではないでしょうか。
本ウェビナーではセキュリティインシデント事例を徹底解説し、企業に問われる対応/対策について、トレンドマイクロ株式会社、SBテクノロジー株式会社と共に提案致します。

■セミナー概要
【2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説!】変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?

会期 :2020年12月18日 15:00~16:30
形式 :オンライン(Zoom)
主催 :株式会社インフォメーション・ディベロプメント
申込 :https://zoom.us/webinar/register/1616070445479/WN_zR85CwpXQfiRdEvJxOc90A

■このようなお客様におススメ
・2020年セキュリティインシデントを知っておきたい
・インシデント事例から自社の対策を考えたい
・ゼロトラストを実現したい
・ニューノーマル時代のエンドポイントセキュリティについて確認したい
・インシデント時の社内体制に不安がある
・エンドポイントセキュリティ強化を検討している

■プログラム
15:00—————————-

【2020年のサイバーセキュリティ脅威を振り返る】
株式会社インフォメーション・ディベロプメント
エバンジェリスト
藤原 和紀

2020年はコロナ禍による特殊な1年となり、テレワークをはじめとするニューノーマルな働き方を一気に後押ししました。その裏でセキュリティの動向も変化し、結果としてゼロトラストセキュリティなど従来のセキュリティ対策を根本から考え直す必要に迫られています。
本講演では2020年に変化したインシデント事例をご紹介し、今後の新しい働き方に対応する為のセキュリティ対策について解説いたします。

15:30—————————-

【エンドポイントセキュリティの未来 – ウイルスバスターCorp. からApex One SaaSへ -】
トレンドマイクロ株式会社 
エンタープライズソリューション部
釜池 聡太

多くのお客様にご利用いただいているウイルスバスターCorp.の後継となる新サービス、 Trend Micro Apex One? SaaS が2020年3月にリリースされました。
組織の情報資産を守るには、脅威の変化に対抗できる事前予防(EPP)の強化と、 万が一脅威の侵入を許した際の迅速な事後対処(EDR)が重要です。
さらに、テレワークの浸透などIT環境が大きく変化する中、セキュリティも環境の変化に合わせて柔軟かつ効率的に運用する事が求められています。
新たにご紹介するTrend Micro Apex One SaaS によるセキュリティ強化と効率的な運用の両立をご理解いただき、今後にお役立てください。

16:00—————————-

【EDRの効果的な運用のポイントとセキュリティ監視サービスのご紹介】
SBテクノロジー株式会社
ソリューション&サービス事業統括 セキュリティソリューション本部 プロダクトマネジメント部
シニアプロダクトマネージャー
松木 和彦

EDR は導入するだけではセキュリティ対策は十分とはいえません。検知したセキュリティアラートを基に、迅速に分析・対処を行い、被害を極小化することが必要です。アラートをどのように確認し、対応すればよいのか、「Apex One SaaS」 の運用のポイントをご紹介します。
また、情報システム部門の24時間365日のセキュリティ監視の負荷を軽減する、セキュリティ監視サービス「MSS for EDR」についてご紹介します。

■インフォメーション・ディベロプメントについて
株式会社インフォメーション・ディベロプメントは、金融、公益、航空など幅広い業種のお客さまへ、創業以来約50年にわたり、システム運営管理やシステム開発を中心としたITサービスを提供しています。
また、約20年間蓄積してきたサイバーセキュリティのノウハウと、長年の運営管理や開発における経験を組み合わせ、お客さまの課題を解決してきました。インフォメーション・ディベロプメントは今後も引き続き、お客さまのIT環境の向上に貢献します。

社名 : 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
本社所在地 : 〒102-0076 東京都千代田区五番町12-1 番町会館
代表取締役 : 山川 利雄
U R L : https://www.idnet.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
担当部署 : マーケティング部 岸本
電話番号 : 03-3262-1734
メールアドレス : marketing@idnet.co.jp
URL : https://www.idnet.co.jp

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ