プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

1MORE

1MOREの5製品が日本のオーディオビジュアルグランプリ2021アワードを受賞

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012048133-O1-1rp6akIo

AsiaNet 86966 (2312)

 
【サンディエゴ2020年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】
今年の受賞によって2017年以来の受賞は9つになり、1MOREが最も多くの受賞をしたヘッドホンブランドになった

消費者向け高級オーディオのグローバル企業である1MOREは2日、VGP(オーディオビジュアルグランプリ)2021で同社の5製品がアワードを受賞したと発表した。1MOREは、同社の5製品が日本で最も有名なオーディオビジュアル製品アワードの1つであるVGPバイヤーズガイド(http://vgp.phileweb.com/vgp2021/category.html )で特集された。1MOREがVGPアワードを受賞したのは、2017年から今回が9回目である。

5つのVGPアワードを受賞した1MOREのヘッドホンには、5000円から3万円の価格帯の有線、Bluetooth、アクティブノイズキャンセレーション・ヘッドホンが含まれる。このアワードは、1MOREがBluetoothインナーイヤー型ヘッドホン設計とノイズキャンセリング技術を向上させた実績を表彰するものである。

https://mma.prnewswire.com/media/1345671/1MORE_2021_VGP_Awards.jpg

それぞれの部門で受賞した5つの1MOREヘッドホンは以下のリストである。フラグシップ製品の中で、1MORE EHD9001BA(https://usa.1more.com/collections/headphones/products/dual-driver-anc-pro-wireless-in-ear-headphones-ehd9001ba )は1MOREのフラグシップANCヘッドホンである。1MORE EHD9001BA(1MORE Dual Drive ANC Pro )は、最大40dBのノイズキャンセレーション、ウィンドノイズキャンセレーション、ハイレゾ認定サウンド、IPX5の耐水性、高速充電などを特徴とし、手ごろな価格の高級オーディオ製品を提供するという消費者に対する1MOREのコミットメントを堅持している。

1MORE EHD9001BA
3万円以下のアクティブノイズキャンセレーションヘッドホン

1MORE E1017
5000円から1万円の価格帯のインナーイヤー型ヘッドホン

1MORE E1001BT
1万5000円から2万円の価格帯のBluetoothインナーイヤー型ヘッドホン

1MORE E1020BT
1万円から1万5000円の価格帯のBluetoothインナーイヤー型ヘッドホン

1MORE E1018
5000円から1万円の価格帯のBluetoothインナーイヤー型ヘッドホン

▽VGPアワードについて
1987年から始まったビジュアルグランプリ(VGP)アワードは、ホームエンターテインメント製品のオーディオビジュアルの優秀モデルを表彰するために創設された。入賞製品は、有力な日本の消費家電小売店と、オーディオビジュアルのプロと認められている8人の投票によって選ばれる。VGP称号は技術的成果として日本で高く評価され、消費者の購買決定に影響を与える情報源とみなされている。

▽1MOREについて
1MORE(http://global.1more.com/ )は、音響設計・開発、スマートソフトウエア、ウエアラブルオーディオ製品に特化している。1MOREは優れた品質のオーディオを消費者に優しい価格で提供するという深淵な使命で創設され、過去4年間だけで世界の25カ国以上で3800万のヘッドホンを出荷した。さらに、1MOREの製品は、CES Innovationアワード、RedDot、iF Designアワード、その他の主要業界表彰を含む多数の業界・デザイン賞を受賞してきた。

ソース:1MORE

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=378707
(画像説明:1MOREがVGPアワード2021を受賞)

1MOREがVGPアワード2021を受賞
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ