プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Lucid Motors

Lucid Motors初となる電気自動車工場の新規建設が北米で完了:2021年春のLucid Air生産開始に向けて試験操業プロセスが進行中

AsiaNet 86967 (2316)

 
【ニューアーク(米カリフォルニア州)2020年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】
*米アリゾナ州カサグランデのLucid AMP-1最先端工場は初期生産能力が3万ユニットで、将来に備えた段階的な拡大により同能力を最大40万ユニットまで増加させる

先端のラグジュアリー電気自動車(EV)で持続可能なモビリティーの新たな基準を設定しているLucid Motors(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2996967-1&h=3017260126&u=http%3A%2F%2Fwww.lucidmotors.com%2F&a=Lucid+Motors%2C )は2日、米アリゾナ州カサグランデの新Lucid AMP-1(Advanced Manufacturing Plant、先端製造プラント)工場の建設の第一段階が完了し、2021年春に予定するLucid Airの生産開始に先立って生産設備とプロセスの試験運転が進んでいると発表した。更地から建設された北米で初の電気自動車専用工場として将来に対応できることに重点を置き、Lucidの革新的なAMP-1が設計された。この工場では次の段階が2021年早期から始まると予想されているが、AMP-1によって将来の拡張の各段階に対応し、Project Gravityの名称の下、2023年にはこのブランド初のSUVを生産することが可能になる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1345439/Lucid_Motors_Casa_Grande.jpg

Lucid Motorsの最高経営責任者(CEO)兼最高技術責任者(CTO)のPeter Rawlinson氏は「アリゾナ州カサグランデで590エーカーのLucid AMP-1サイトに当社が着手したのは2019年12月2日のことで、それから1年弱後、われわれは北米初のEV専用工場を完成させた。次世代EVのLucid Airの生産を僅か数カ月で開始するため、既にLucid製造システムに適合する機器設備の試験運転が進んでいる。このチームが実証した努力とスピードは驚くべきものだ」と述べた。

Lucidの革新的な生産プロセスと最先端設備をテストする工場の試験運転の一環として、同社は既に完全なベータ版プロトタイプ試験車フリートを作り、現在はLucid Airの生産代表版の最終シリーズの組み立てに移行している。Lucid製造システムは航空機からヒントを得たリベット打ち・接着モノコックボディー構造によってスポット溶接に置き換えるなどの先端プロセスを採用している。これにより、Lucid Airの最先端の構造効率性が実現している。受注生産車のアリゾナ生産ラインからの出荷開始は2021年春を予定している。世界市場への供給に向け、最初の生産能力は年間最大3万ユニットで、北米から開始される。初期はLucid Air Dream Editionを対象とするが、その後はGrand TouringとTouringのモデルが矢継ぎ早に続く。2022年の早期にはラインナップにLucid Air Pureが加わる。価格は6万9900ドル(注)からを予定している。

アリゾナが工場の場所として選ばれたのは多くの理由があり、それはインフラ、人材、地理的位置、以前から存在する自動車のサプライチェーンなどだが、大規模な展開と拡張計画のためのスペースもあったからである。工場の重要エリアは、こうしたことを念頭におき、意図をもって設計された。これには必要な面積と特別のインフラを備えて未来を見据えながら作られた最先端の水性塗装工場も含まれる。これによって工場自体の将来段階すべてのニーズに対応するよう拡張できるからである。2028年までに合計4つの段階が計画されており、工場の面積は現在の99万9000平方フィートから510万平方フィートに拡大する。その最終形態では、AMP-1の製造能力は年間で最大40万ユニットになる。

Lucid Motorsの製造担当副社長、Peter Hochholdinger氏は「この工場を建設するにあたり、当社は幾つかの製造哲学にこだわった。それは『将来への準備ができていること』と『オン・タイム』という考え方で、これによって当社の投資ならびに更地の状態から全く新しい工場建設することを効果的に管理できた。当社ラインナップに新プラットフォームと車両を加えるにつれ、この工場に込められた計画により、当社の先端電気自動車への顧客ニーズ増大に際し、われわれは常に対応することができる」と述べた。

▽Lucid Motorsについて
Lucidの使命は、人の体験を中心に据えた最も魅力的な電動車両を作ることで、持続可能な輸送の導入を刺激することである。当社初の自動車、Lucid Airはカリフォルニアにヒントを得たデザインの最先端のラグジュアリーセダンで、レースで証明されたテクノロジーによって支えられている。ミッドサイズのエクステリアに高級インテリア空間を備えるAirは、500マイルを超える推定EPA航続距離と、静止状態から時速60マイルに2.5秒以下で達する性能を持つ。

▽メディア問い合せ先
Andrew Hussey
David Buchko
media@lucidmotors.com

(注)7500ドルの連邦税額控除後

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1345440/Lucid_Motors_interior.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1345438/Lucid_Motors_before_and_after.jpg

ソース:Lucid Motors 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ