プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LTI

LTIがTemenosと提携し北欧市場でデジタルバンキング・プラットフォーム販売

AsiaNet 86936 (2306)

 
【ムンバイ(インド)2020年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*Temenosを搭載したLTIのBanking-as-a-Serviceプラットフォームがレガシー勘定系システムを迅速かつ効率的に最新化

世界的なテクノロジーコンサルティング・デジタルソリューション企業Larsen & Toubro Infotech(LTI)は、バンキングソフトウエア企業Temenosと提携し、Temenosテクノロジーを搭載したデジタルバンキング・プラットフォームを販売する。同プラットフォームは、北欧地域のレガシー勘定系システムを最新化し、金融機関が敏捷性と拡張性を高めつつ、業務コストを削減できるようにする。銀行は同プラットフォームを活用し、新たな商品やサービスをより迅速に販売できるようにもなる。

包括的な機能を備えたデジタルバンキング・プラットフォームは、Temenos Transact、Temenos Infinity、Temenos Payments、Temenos Financial Crime Mitigation、さらに規制報告、認証、KYCソリューション、カードサービス、Temenos Marketplaceで利用可能な決済ソリューションなどのFintechソリューションとのエンドツーエンドの統合を提供する。LTIとその完全子会社のSyncordis Consulting(https://www.syncordisconsulting.com/ )は15年以上にわたる欧州地域の主要なTemenosエキスパートで、導入サービスとマネージド・サービスを提供する。

このパートナーシップは、LTIの同領域における専門知識とTemenosの機能に対する深い理解、および150を超える国々の3000超の銀行が享受しているクラウドネイティブ、クラウドアゴニスティックな、AI、APIファーストの高度なテクノロジーソリューションを統合することで、北欧の銀行の新時代到来を告げるものである。

LTIのSanjay Jalona最高経営責任者(CEO)兼社長は「TemenosとLTIの今回のパートナーシップは、北欧地域の銀行や金融機関に比類のない経験、専門知識、イノベーションへの情熱をもたらす。Temenosのクラウドネイティブ・テクノロジーをベースとする新しく強力なバンキング・プラットフォームで、銀行は拡大や近代化、ITコストの大幅削減が可能になる。当社だけのTemenos Accelerator Toolkitを通じて、市場投入までの時間を短縮して成果を増大させ、銀行がデジタル変革のジャーニーで飛躍的進歩を遂げられるよう、卓越したバンキング近代化サービスの提供を継続していく」と語った。

TemenosのMax Chuard最高経営責任者(CEO)は「これは、北欧におけるTemenosにとって戦略的に重要な契約だ。LTIおよびSyncordisとのパートナーシップを拡大し、次世代のデジタルバンキング・プラットフォームを市場に提供できることをうれしく思う。当社はパートナーと協力しながら、北欧地域特有のニーズに適合したTemenosの全てのソリューションについて、LTIのグローバルバンキングの専門知識へのアクセスを銀行に提供している。当社の高度なクラウド、AIテクノロジーと、豊富なバンキング・カントリーモデルのバンキング機能との組み合わせは、北欧の銀行や金融機関のデファクト・チョイスになりつつある。当社は、銀行がレガシーシステムを近代化し、バンキング・プラットフォームが将来も有効に使い続けられるようにしつつ、顧客に革新的サービスを提供できるようにしている」と語った。

LTIは、北欧地域の大手ITサービスプロバイダーの1つである(https://www.lntinfotech.com/nordic/ )。Whitelane ResearchのIT Sourcing Study 2020は、欧州全体の顧客満足度でLTIを2位にランクインさせている。同社は、同地域の大手銀行や金融機関を顧客に抱えている。

▽LTIについて
LTI(NSE:LTI)は、グローバルなテクノロジーコンサルティング・デジタルソリューション企業で、400を超えるクライアントが収束する世界で成功する手助けをしている。32カ国で事業を展開している当社は、モバイル、ソーシャル、アナリティクス、IoT、クラウドの各ジャーニーを可能にするLTIのMosaicプラットフォームを活用して、クライアントのデジタル変革を加速させためにさらなる努力を重ねている。Larsen & Toubro Limitedの子会社として1997年に設立された当社には、あらゆる業界の企業の極めて複雑な課題を解決するための比類のない現実世界の専門知識というユニークな遺産がある。3万2000人以上のLTIチームは日々、クライアントが業務とテクノロジー運用の有効性を向上させ、顧客、従業員、株主に価値を届けることができるようにしている。詳細については、www.lntinfotech.com を参照するか、@LTI_Global で当社のフォローを。

▽Temenosについて
Temenos AG(SIX:TEMN)は、バンキングソフトウエアの世界的リーダーである。上位50行中の41行を含む世界で3000を超える銀行が、12億以上の銀行顧客の日々の取引と顧客とのやり取りの両方の処理でTemenosを頼りにしている。Temenosは、クラウドネイティブでクラウドアゴニスティックな、AI主導のフロントオフィス、勘定系システム、決済、資金管理ソフトウエアを提供し、銀行が摩擦のないオムニチャネルの顧客体験を提供し、卓越した業務を実現できるようにしている。

Temenosソフトウエアは、成績トップのクライアントが業界平均の半分の26.8%というコスト収益率と、業界平均の3倍の29%という株主資本利益率を達成するのを可能にしたことが証明されている。これらのクライアントはまた、IT予算の51%を成長とイノベーションあるいは保守に投資しているが、これは業界平均の2倍で、銀行のIT投資がビジネスに具体的な価値を付加していることを証明している。

詳細については、www.temenos.com を参照。

▽Syncordisについて
LTIのTemenos業務を担当するSyncordisは、高品質のエンドツーエンド実装とシステム統合プロジェクトを提供している。さらにSyncordisは、規制SaaS(PSF認証)や、Temenosの全製品と周辺のサードパーティーシステムを対象とする生産サポートといった補完的サービスも提供している。

国内外の専門家から成る広範な専門家集団が、ビジネスと技術の両方の専門知識を提供し、クライアントの個々の要件とニーズに合わせて各プロジェクトを調整する。Syncordisの使命は、銀行部門でデジタルエクセレンスを推進し、全てのクライアントがデジタル変革の力を実感できるよう支援しつつ、全従業員にも素晴らしい職場を提供することである。www.syncordisconsulting.com

ロゴ:https://mma.prnewswire.com/media/1044154/LTI_Logo.jpg

ソース:LTI

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ