プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Epsilon

EpsilonがAviatrixと提携し、先進的なマルチクラウドネットワーキングを提供へ

AsiaNet 86956 (2305)

 
【シンガポール2020年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】Epsilonは自動化、運用上の可視性および制御を備えたクラウドネットワーキング機能を加速させるため、パートナーエコシステムを拡大する。

世界的なコネクティビティーサービスのプロバイダーであるEpsilonは、企業にマルチクラウドサービスを提供するため、大手クラウドネットワーク・プラットフォームのAviatrixと提携した。Epsilon Cloud Networkingは、企業がクラウドネットワーキングを簡略化するのに必要な自動化、運用上の可視性および制御を備えたエンドツーエンドのマルチクラウドサービスである。

Epsilonの顧客は、先進的なマルチクラウドの機能性、エンタープライズクラスのネットワーキングおよびセキュリティー、ネットワーク抽象化などの機能によって恩恵を受ける。マルチクラウドサービスは、クラウドの簡略性と自動化を維持するため、ネーティブのクラウドネットワーキングのコンストラクトを直接制御する。これは、アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、Oracle Cloudを含むクラウド環境の間でデータを移動させる能力のあるAviatrixのマルチクラウドネットワーク・プラットフォームに基づいている。

EpsilonのMichel Robert最高経営責任者(CEO)は「われわれは、従来のコネクティビティーを超えるクラウドネットワーキング・サービスを提供するため、Aviatrixと提携することを喜んでいる。Epsilon Cloud Networkingは、クラウド内およびクラウド上でエンタープライズネットワーキングの実際の課題に対応する。われわれは、エンドツーエンドのマルチクラウドサービスを提供するため、われわれの世界的なコネクティビティーの専門技術をAviatrixのクラウドネットワーク・プラットフォームと融合している。パートナーとしてのAviatrixと共に、われわれは自信を持って顧客にクラス最高のクラウドネットワーキング・ソリューションを提供する」と語った。

Epsilon Cloud Networkingは、アンダーレイとしてEpsilonのプライベートネットワークを利用し、パブリッククラウド内およびパブリッククラウド間でエンタープライズクラスのネットワークを構築するため、Aviatrixのクラウドネットワーク・プラットフォームを利用する。Aviatrixのネットワークは、基本的なネーティブのクラウドネットワーキング・サービスのコンストラクトをしのぐマルチクラウドネットワーキングを提供する。Epsilonのサービスはまた、顧客がセキュリティーおよびコンプライアンスの要件を満たすため、FQDNフィルタリングや次世代ファイアウオールのサービスインサーションのようなセキュリティーサービスを購入することを可能にする。

AviatrixのCEOであるSteve Mullaney氏は「われわれのパートナーシップにより、Epsilonは、より良い可視性とマルチクラウド環境の制御を求めている企業に完全なエンドツーエンドのサービスを提供することができる。われわれのエンタープライズクラスのマルチクラウドネットワーク・アーキテクチャーは特に大企業に合わせて作られており、大企業はクラウド専門家の助力を得て事業を変革することができる。われわれは、われわれのソリューションを進化させ、Epsilonが世界中の企業の変わりつつあるクラウド要件を満たすことができるように願っている」と語った。

Epsilon Cloud Networkingは、共通ネットワークデータおよび動作制御プレーンを備えたマルチクラウドネットワーク・アーキテクチャーを活用している。ポイント・アンド・クリックのワークフローとコード自動化としてのインフラストラクチャーにより、マルチクラウドサービスを利用している企業は、もはやネーティブのクラウドネットワーキングの複雑かつ手動のプロセスに着手する必要はない。このサービスは、企業が単一の関係を通じてクラウドネットワーキングを変革するのに必要な全てのものを提供する。

EpsilonのData Services DirectorであるChin Woon Lee氏は「事業変革は、エンタープライズIT組織にアプリケーションとデータの新たな重心としてパブリッククラウドを活用するように駆り立てている。パンデミックはこの変革のペースを後押ししており、クラウド運用チームは、限られた可視性、ネットワーク制御の欠如、技術の隔たりを含む多くの課題に直面している。われわれのクラウドネットワーキング・サービスは、企業がこれらの課題により効率的に取り組むことを可能にする」と語った。

www.epsilontel.com

ソース:Epsilon

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ