プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NetOP Technology

NetOP Technology: 2020年代に広がる可能性が高いインターネット・オブ・シングス技術 

AsiaNet 86884

NetOP Technology: 2020年代に広がる可能性が高いインターネット・オブ・シングス技術 

「インターネット・オブ・シングス」(IoT)に関連するテクノロジーは急速に普及しており、インターネットにリンクされたデバイスの総数は現在、世界の人口の3倍になっています。 NetOP Technology の創設者であるオルクレー・タイジ氏によると、2020年代は、IoTソリューションの分野における広範囲にわたる進歩によって支配される可能性があります。 

アムステルダム2020年12月1日/ PRNewswire /- テクノロジーが私たちの生活に与える影響は日々大きくなっているようであり、IoT関連のテクノロジーがこの流れの中で主導的な役割を果たしています。 IDC(International Data Corporation)によると、現在、世界中で266億のIoTデバイスが活動的になっており、この数は2025年までに416億のデバイスに増加すると予想されています。 一方、IoTテクノロジーへの総支出は2020年になんと7,420億ドルに達しました。

NetOP Technology (https://netop.io/ ) 創設者であるオルクレー・タイジ氏は、IoT市場の急速な拡大が、市場インテリジェンスと分析の目的でリアルタイムデータを求める大企業のニーズがますます高まっていることに起因すると考えています。 オランダを拠点とするNetOP Technologyは、世界で最も革新的なテクノロジー企業のトップ25にリストされています。

「私たちのプロジェクトには、スマートシティ、空港、農業スキーム、物流拠点向けのセンサーと管理プラットフォームの設計と製造が含まれます。特に、第4次産業革命と呼ばれる状況においてです。」

タイジ氏によると、IoT関連の技術には無数のアプリケーションがあります。 当社のソリューションは55か国で使用されており、地域の生態系の保護、地方自治体のサービスの向上、公衆衛生の保護、生産性の向上に役立ちます。

スマートセンサー: バッキンガム宮殿からウェンブリースタジアムまで 
英国では、NetOP Technology ソリューションがロンドンを象徴する赤い観光バスにインストールされており、燃料費を30%削減しています。 また、バッキンガム宮殿とウェンブリースタジアムにも配備されており、資源が最適な効率で利用されるようになっています。 

Seidor(グローバル | SAPのプラチナパートナー)との契約により、NetOP Technology ソリューションは現在、南北アメリカ全体で使用されています。 NetOP Technologyは、トルコ初で唯一のUnited VARのメンバーであるDetaysoftとの継続的なパートナーシップのおかげで、特定の地域に合わせて特別に調整されたIoTソリューションを提供できます。

IoT技術者がCOVID-19と戦います

特に、COVID-19の出現は、IoTの急成長分野に勢いを与えています。 「より住みやすく持続可能な世界を創造することを目的としたIoTテクノロジーは、パンデミックによってもたらされる課題に無関心ではありませんでした。 IoTにリンクされた機器は、現在、社会的距離を調整し、接触追跡対策を促進し、大気質を分析するために使用されています」とタイジ氏は言います。

企業および個人のエンドユーザーは、IoT-Shops.comでNetOP Technology 製品とサービスを購入できます。

トゥレイ・ジェンク | info@b2press.com | +31307996022

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1343217/NetOP_Technology.jpg
Photo Caption: Internet-of-Things Tech Likely to Dominate in 2020s

 
Source – NetOP Technology

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ