プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シミックホールディングス株式会社

シミックヘルスケア、国際医療福祉大学・高邦会グループ主催のヘルスケアオープンイノベーション参画

-個々人の健康増進を目指したヘルスケア事業共創を開始-

2020年12月1日
シミックホールディングス株式会社
シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社

シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:三嶽 秋久、以下「シミックヘルスケア」)は、日本ユニシス株式会社および株式会社ルネサンスと共に、国際医療福祉大学・高邦会グループが主催するヘルスケアオープンイノベーションプログラム「IHW Open Innovation(IOI)」に参画し、生活習慣病予防および重症化予防に寄与すべく、医療機関と連携する健康増進施設を拠点に未病予防サービスの展開とデータ利活用によるパーソナライズドヘルスケアサービス創出に取り組んでまいります。
人生100年時代と言われる日本において、予防・未病から医療まで幅広いヘルスケアニーズに応えるため、三社のサービスや特長、培ったノウハウ等をIHW Open Innovationの場で最大限活用し、パーソナルヘルスケアの実現を目指します。そして、地域住民の健康増進や地域健康・医療の持続的成長に貢献し、一人でも多くの方々が健康で幸福に暮らし続けることのできるまちづくりに貢献いたします。

<シミックヘルスケアの取り組み>
 シミックヘルスケアは、SMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)として培ってきた医療機関支援の経験および患者様へのきめ細やかな対応を強みとし、ヘルスケアサービスプロバイダーとして、日本ユニシスが構築するヘルスケアデータ利活用プラットフォームと連携し、ヘルスケアと医療のハイブリッド型かつパーソナライズ化(個別化)されたサービスを提供する基盤を構築します。

1、ヘルスケアデータ利活用プラットフォーム構築
健康増進施設や提供サービスを介して取得する健康データや国際医療福祉大学・高邦会グループが保有するデータ、そして第三者(事業者、行政等)が保有するデータを利活用し、個人の健康状態やリスクをデータから的確に捉え、各々に適したサービスが提供可能となるプラットフォームを構築します。データの利活用においては、強固なセキュリティ環境にてデータの取得・管理・連携可能な日本ユニシスが有するプラットフォームサービス「Dot to Dot」を活用します。

2、健康増進施設の整備
日本ユニシスが熊本県合志市で実施中のフィットネスを核とした地域健康増進事業を元に、国際医療福祉大学・高邦会グループが地域医療を支える福岡県大川市の健康増進施設を拠点とし、上記1のプラットフォームを活用しながら、医療機関と連携した新たな未病予防サービスの提供を目指します。

 

 
【IHW open innovationについて】
国際医療福祉大学・高邦会グループ(IHWグループ)は、栃木県に学校法人国際医療福祉大学、社会福祉法人 邦友会、東京都に医療法人財団 順和会、福岡県に医療法人社団 高邦会、社会福祉法人 高邦福祉会、学校法人高木学園の6つの法人からなり、全国で約60施設を運営しています。この度、日本のヘルスケア産業を盛り上げる為、IHWグループのリソースをフル活用し、大企業からスタートアップまで、あらゆる企業とテーマごとに共同研究/開発からビジネス共創までを実現する、オープンイノベーションを開始することとなりました。業界の垣根を超えた連携により、新たなヘルスケアビジネス創出を目指す「共創プログラム」と、スタートアップ企業の事業加速をサポートする「ベンチャーインキュベーションプログラム」の2つを推進していきます。
<IHW Open Innovation> https://innovation.ihwgroup.jp/ 

【シミックヘルスケア・インスティテュートについて】
シミックグループは、ヘルスケア分野の革新を目指し、挑戦し続ける企業です。その中で、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社は、2020年1月に治験実施施設支援業務(SMO)を行うサイトサポート・インスティテュートと、ヘルスケア情報サービスを展開するシミックヘルスケアが統合し、それぞれの事業を通じて蓄積してきた様々な情報やノウハウ、技術を融合させながらシミックグループのヘルスケアビジネスを担っています。詳細はウェブサイトをご覧ください(https://www.cmic-hci.com/

<連携機関のご紹介>
・日本ユニシス株式会社 スマートタウンポータルサイト https://smarttown.jp/ 
・株式会社ルネサンス https://www.s-renaissance.co.jp/ 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ