プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Stadt Qingdao

2020中国(青島)芸術博覧会開幕、テクノロジーのあふれたファッションショーが上演中

AsiaNet 86941

2020中国(青島)芸術博覧会開幕、テクノロジーのあふれたファッションショーが上演中

青島(中国)、2020年11月30日 /PRNewswire/ —
芸術博覧会は青島の国際会議センターで盛大に開幕しました。「芸術が街をおしゃれにする」を主題として、芸術博覧会がオンラインの形で観覧・生放送・インフォメーション・人材募集などの機能を実現できました。オフラインイベントの現場でも「テクノロジー+芸術」という「逸品展」を心をこめて設置しました。今回の芸術博覧会に芸術学校、楽器メーカー、ハイテク企業などの参会資格を厳格に選抜したため、AIインタラクティブ・デジタルプレゼンテーション・人工知能パフォーマンスなどの斬新なハイテクノロジーで、観客に素晴らしいオフラインショーを準備してまいります。

青島国際会議センターの106号展示ホールでは、中心となる青島総合展示ゾーンが「ファッション青島・青春の島」をテーマに、「山・海・カラフル」を主なデザイン要素を取り上げました。限られた展示空間の中で、青島のファッションと魅力を披露する舞台を設置しました。展示ゾーンは「青春の集い」「島町の風景」「海の楽しさ」「ファッションの旅」「美しい青島」などの5つのエリアを設けました。各エリアのテーマを総じて「最もファッショナブルな青島」という意味をし、全面的に青島の開放性、革新性、融合性を解釈し、青島の魅力と優雅をアピールします。青島は首席展覧者として総合展示ゾーンを持つのほか、今回の芸術博覧会にも中国中央音楽学院・星海グループ・新華当代・銀河水滴・青島芸術学校などがオフラインショーに参加し、最先端の芸術科学研究と教育関連内容を披露します。

「文化財データーのデジタルシステム」は今回の「逸品展」の特色です。このシステムが文化遺産の逸品と現代のハイテク技術を融合させ、中国文化財交流センターと新華当代国際文化産業発展(北京)会社が共同で開発しました。「マルチメディアスクリーン五連」は3Dデジタルドキュメンタリー『文化財が中国を案内する』における多数の逸品文化財を収録しました。人間とコンピューターのインタラクティブを通し、観客がスクリーンで文化財の写真を自由に動かし、各方位・各角度で文化財をご覧になり、3D技術で復元された文化財の素晴らしさを楽しむことができます。「文化財デジタル展示壁」は『美しいアジア――アジア文明展』に展示されたアジアの11か国から集めた百件以上の逸品の3D映像を収録し、「時間トンネル」のイメージで組合せ、観客に視覚的な衝撃を与えます。参加者たちが自由に文化財の3D映像を選べ、そして画像を逆転・拡大・縮小などの操作し、文化財の細部をご覧になれます。

青島芸術学校が地元芸術学校の代表として、今回の「逸品展」で学校の運営方法と専門領域をアピールします。

連絡先:朱 益玲
Ms. Zhu Yiling,
電話番号:+86-532-85911619

ホームページ:http://www.qingdaochina.org
Facebookページ:https://www.facebook.com/qingdaocity
Twitterページ:https://twitter.com/loveqingdao

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1245709/Qingdao_Logo.jpg

Source: Stadt Qingdao

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ