プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Wi-SUN Alliance

DLMS User Associationがユーティリティーのシームレスなインターオペラビリティーを実現するWi-SUN通信プロファイルを公開

AsiaNet 86869 (2263)

 
【サンラモン(米カリフォルニア州)2020年11月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*今回の提携は、Wi-SUNベースのネットワークにあるスマートデバイス向けに、実証済みのグローバルでセキュアなエンドツーエンド規格をユーティリティーに提供する

Wi-SUNアライアンスとDLMS User Association(DLMS UA)は30日、Wi-SUN Field Area Networks(FAN)通信プロファイルがDLMS UA仕様(BlueおよびGreen Book)の最新版で公開され、DLMS UAメンバーはダウンロード可能であると発表した。今回の発表は、Wi-SUN FAN通信ネットワーク上でDLMS/COSEMアプリケーションを実行するソリューションのシームレスなインターオペラビリティーを実現することを目指した同組織の3年間にわたるコラボレーションの最新の成果である。

Wi-SUNアライアンスは、組織がオープンなグローバルスタンダードを使用するスマートシティー、スマートグリッド、その他のインターネット・オブ・シングス(IoT)向けのインターオペラブルなソリューションの世界的な普及を促進する一方、DLMS UA(Device Language Message Specification User Association)は、スマートデバイスのインターオペラビリティーとセキュリティーを保証するDLMS/COSEM(Companion Specification for Energy Metering)規格の普及、開発を促進している。DLMS/COSEMとWi-SUNテクノロジーの両方を活用する確実なインターオペラブル・ソリューションを実現することで、世界のユーティリティーが能力を拡大できる。

Wi-SUNアライアンスのPhil Beecher社長兼最高経営責任者(CEO)は「Wi-SUN FANとDLMS/COSEMの双方は、何百万というスマートメーターが世界中に展開されている実証済みテクノロジーである。この規格が利用可能になれば、Wi-SUN FANを基盤の通信インフラストラクチャーに、DLMS/COSEMをアプリケーションレイヤーにそれぞれ指定することによって、真のマルチベンダー、『エンドツーエンド』のインターオペラビリティーの機会を世界のユーティリティーに提供する」と語った。

DLMS User Associationのエグゼクティブディレクター兼社長のSergio Lazarrotte氏は「Wi-SUNアライアンスと提携することで、われわれはDLMS/COSEMの展開を世界市場に拡大し、電気やガスメーターを超えて、さまざまな新しい使用事例やIoTアプリケーションへの道を開くことができる。われわれはDLMSのアプリケーションをさらに拡大し、スマートユーティリティーおよびスマートシティーのソリューションを展開する企業のビジネスモデルをサポートしていく」と語った。

▽Wi-SUNアライアンス(Wi-SUN Alliance)について
Wi-SUNアライアンスは、業界をリードする世界各国の企業で構成された会員制のグローバルな非営利団体である。Wi-SUNアライアンスは、IEEE 802、IETF、TIA、TTS、ETSIなどが策定するオープンな国際標準を活用して、スマートシティー、スマートグリッド、インターネット・オブ・シングス(IoT)などのアプリケーションで利用できるインターオペラブルな無線ソリューションのグローバルな普及促進を使命としている。Wi-SUNアライアンスは様々な業界に門戸を開いており、シリコンベンダー、製品ベンダー、サービスプロバイダー、公共事業団体、大学、企業、市町村、地方自治体など、世界で240以上の会員が参加している。詳細はウェブサイトwww.wi-sun.org を参照。

Wi-SUN AllianceとWi-SUN Allianceのロゴは、Wi-SUN Allianceの商標である。

▽DLMS User Associationについて
DLMS User Associationは、スマートデバイスのインターオペラビリティーおよびセキュリティーを保証するDLMS/COSEM規格の利用の普及、開発に専念している。ユーティリティーからテクノロジー、メーターメーカー、コンサルタント、システムインテグレーターなど300以上のグローバルメンバーを擁するDLMS User Associationは新たな規格開発をスタートさせ、スマートテクノロジーにおける規格化をサポートしている。

詳細はウェブサイトwww.dlms.com を参照。

▽メディア関係問い合わせ先
Wi-SUN Alliance
media@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

▽問い合わせ先
mktg@dlms.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ