プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

広西科学技術部

第8回中国・ASEAN技術移転・協力的イノベーションフォーラムが南寧で開幕

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011277794-O1-mppz191g

AsiaNet 86891 (2269)

 
【南寧(中国)2020年11月26日新華社=共同通信JBN】科学技術省と広西チワン族自治区人民政府が主催し、広西科学技術部とChina-ASEAN Technology Transfer Center(中国・ASEAN技術移転センター)が開催する第8回Forum on China-ASEAN Technology Transfer and Collaborative Innovation(中国・ASEAN技術移転・協力的イノベーションフォーラム)(以下、「フォーラム」)が11月26日、広西チワン族自治区の南寧で正式に開幕した。フォーラムは「Empower the Future with Opening-up and Innovation(開放とイノベーションで未来に力を与える)」をテーマに、中国・ASEAN間のイノベーション要因の秩序ある流通と統合開発を促進するため、オープニング活動と、メインフォーラム、第2回ASEAN Plus Three Young Scientist Innovation Forum(ASEANプラス・スリーヤングサイエンティスト・イノベーションフォーラム)、第17回China-ASEAN Expo Advanced Technology Exhibition(中国-ASEANエキスポ先端技術展示会)、China-ASEAN Technology Transfer Matchmakings(中国・ASEAN技術移転マッチメーキング)、China-ASEAN International Forum on Sustainable Development and Innovation Cooperation(持続可能な開発とイノベーション協力に関する中国・ASEAN国際フォーラム)など、一連のイベントで構成された。

開会式では、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイなどASEAN加盟諸国の科学技術部門の6人の閣僚級当局者がビデオスピーチを行った。技術革新の分野における日本、韓国、ASEAN加盟諸国の代表者は、第2回ASEAN Plus Three Young Scientist Innovation Forumで共同研究室建設に関する経験をオンラインないしオフラインで共有した。開会式では、多数のイノベーション協力の成果発表と調印が行われた。広西チワン族自治区人民政府は長安大学と戦略的協力協定を締結した。China-ASEAN Technology Transfer Center (CATTC、中国・ASEAN技術移転センター)バンコク・イノベーションセンターと中国・タイ・ASEANイノベーションポートがオンラインで発表された。学者のGuo Huadong氏が主導するChina-ASEAN Big Earth Data Innovation Center(中国・ASEANビッグアースデータ・イノベーションセンター)プロジェクトもフォーラムで立ち上げられた。これらの調印は、中国・ASEAN間の技術イノベーション協力を推進し、共同で地域経済の高品質発展を促進する。

今年のフォーラムは2013年以来連続8回目となった。フォーラムは長年にわたり、中国とASEANの政府、企業、組織間のコミュニケーションと仲介に積極的に貢献し、地域の技術移転とイノベーションの協力を効果的に後押しし、中央政府が概要を示した広西チワン族自治区の「3つの位置付け」の実現を深め、世界的および地域的なウィンウィン協力と良好な近隣性を促進する上での積極的な役割を果たした。

ソース:Guangxi Science and Technology Department

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=378218
(画像説明:第8回Forum on China-ASEAN Technology Transfer and Collaborative Innovation)

第8回Forum on China-ASEAN Technology Transfer and Collaborative Innovation
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ