プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Sanne

Sanneが新たなモーリシャスの国責任者を任命

 AsiaNet 86895 (2272)

 
【セントヘリア(英領ジャージー島)2020年11月27日PR Newswire=共同通信JBN】オルタナティブ資産管理と法人向けサービスをグローバルに提供するSanne は、Rubina Toorawa氏がモーリシャス担当最高執行責任者(COO)からモーリシャスの国責任者に昇格したと発表した。

Rubina Toorawa氏は、グループの事業アウトソーシングリーダーシップチームや事業開発部門など、新たな役職においてモーリシャス事業を監督する。同氏は、新たに設けられたポストであるクライアント拡大担当グローバル責任者としてマネジングディレクターに就任するPeter Nagle氏から任務を引き継ぐ。

任命に当たりRubina Toorawa氏は「このような活力に満ち、集中し、意欲にあふれたチームを率いる機会を得たことを喜んでいる。当社には強力な事業案件があり、クライアントやパートナーと協力し、クライアントへのサービスを向上させることを楽しみにしている。私にとって、高い評価を得ている当社のクライアントとスタッフが常に何よりも優先することは今後も変わらない」と述べた。

アジアとアフリカの間に位置するモーリシャスは、International Financial Centre of Excellence(卓越した国際金融センター)に発展し、高い評価を得ている。洗練された銀行業務プラットホームとともに評価の高い強力な規制組織を有するこの島は、企業に魅力的なハブを提供し、クライアントに幅広い金融サービスを提供している。SanneはISAE 3402 (Type II)(国際保証業務基準3402(タイプ2))の認証を得ており、運用モデル内に強固なプロセスと統制を一体化することに成功し、高い誠実さと詳細にわたる精密さを伴った高品質でコスト効率の高いソリューションを提供している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1343439/Rubina_Toorawa.jpg 
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1343440/Sanne_Logo.jpg 

ソース:Sanne

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ