プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ソフトバンク株式会社

全国40カ所のライブハウスへのVR設備導入と 視聴者参加型コンテスト「Go To STARDOM」の実施について

~ソフトバンクがニューノーマル時代におけるライブハウスとミュージシャンを支援!~

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、音楽業界を支援するために、現在「5G LAB」の「VR SQUARE」で協業しているライブハウスの映像配信プラットフォーム「サブスクLIVE」(運営:discberry.com/LD&K)と連携して、全国約40カ所のライブハウスにVR収録・配信設備を導入する他、視聴者参加型のコンテスト「Go To STARDOM」を共催します。「Go To STARDOM」は、2020年11月25日からエントリーの受付を開始します。

ソフトバンクは、ニューノーマル時代におけるライブハウスを支援するとともに、ミュージシャンの活動機会の創出や才能あるミュージシャンの活躍の場の拡大を目指します。

■VR収録・配信設備導入の概要
全国約40カ所のライブハウスに順次VR収録・配信設備を導入し、ライブハウスのオンライン配信を支援します。これによりライブハウスは、観客が限定される状況であってもイベントなどを開催できるようになります。また、VR収録・配信設備を導入したライブハウスは、「Go To STARDOM」の予選会場になります。
VR収録・配信設備を導入するライブハウスの一覧は、こちら(https://www.subsclive.jp/gtslivehouse)をご覧ください。

■「Go To STARDOM」の概要
1.内容
「Go To STARDOM」は、ソフトバンクと「サブスクLIVE」が共催する、アーティストを支援する視聴者参加型のコンテストです。オーディションにエントリーして事前審査を通過したアーティストは、VR収録・配信設備を導入した全国約40カ所のライブハウスで、パフォーマンスをVR収録することができます。視聴者は、「Go To STARDOM」の予選・決勝の模様を「VR SQUARE」で視聴することが可能です。審査には大手音楽レーベルが参加し、優勝者はメジャーデビューできます。

2.スケジュール
エントリー受付開始:2020年11月25日~12月18日
1次予選:2021年2月8~21日
2次予選:2021年3月1~14日
決勝大会:2021年3月31日(会場:1000 CLUB powered by 5G LAB/横浜市西区南幸2-1-5)

3.視聴方法
「VR SQUARE」アプリから無料で視聴していただけます。

配信スケジュールや応募要項、審査などの詳細は、「Go To STARDOM」公式ページ(https://www.subsclive.jp/gts/)をご確認ください。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011247622-O2-ngj97mb0
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ