プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FARO

FARO(R)が最新のVantage レーザートラッカー6DoF Probeを発表

AsiaNet 86819 (2233)

【レークメリー(米フロリダ州)2020年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*より早く、より使いやすい最高精度のポータブル検査ツール

3D測定、AEC(建築、エンジニアリング、建設)、公共安全分析のグローバルリーダー、FARO(R)Technologies, Inc.(NASDAQ:FARO)は25日、次世代のVantage レーザートラッカー 6 Degrees of Freedom(6自由度、6DoF)Probeを発表した。新しい6Probeは、卓越した携帯性を実現し、FARO VantageS6およびVantageE6レーザートラッカーとの互換性によって、ユーザーは製品をより速く、より正確に構築、検査、測定できる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1340964/FARO_6DoF_Vantage_Probe_v2_AirplaneWing__1.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/95369/faro_technologies__inc__logo.jpg

6Probeは、最も困難な産業用アプリケーションの動的測定、速度、精度の要件を満たす費用効果の高い6DoFソリューションだ。運動学的自己識別スタイラスを使用することで、ユーザーはいまやプロービングチップをすばやく交換して再調整せずに測定することや、トラッカーの見通し線の外の隠れた領域を、より広い許容角度で測定することもできる。その結果が生産性と効率を高めるように設計された高度なツールのアップグレードだ。実際、新しい6Probeの一般的なユーザーはいまや任意の就業日に少なくとも30分の時間を節約できる。

FAROのLeo Martinez製品マーケティング担当マネジャーは「次世代のVantage レーザートラッカー6DoF Probeは、さまざまな作業環境で最大測定の一貫性と信頼性を拡張し、以前のモデルよりも高速で簡単なプロービングを通じてクラス最高の性能を提供する。Super 6DoFと従来の6DoFプロービングにより、FAROは業界で入手可能なものの中で最も包括的な6DoFソリューションを提供する」と述べた。

6DoFと標準プロービングは、自動的にアクティブターゲットの場所を特定し追跡する機能を持つFARO ActiveSeek(TM)によって強化されている。FAROトラッカーは、特許取得済みのSuper 6DoF TrackArmソリューションをサポートしている。これにより、Vantageと1つ以上のFARO ScanArmが連携して、大量測定用の統合された接触および非接触3D測定システムを構築できる。Super 6DoFは、最大60メートル(4メートルのリーチ)の範囲で見通し線の課題を解消し、優れた精度を維持しながら測定範囲を拡大する。

Vantageプラットフォームは、最大80メートルの包括的で大量の3D測定、大幅な合理化プロセス、検査サイクル時間の短縮を提供する一方で、結果の完全な信頼性を確保する。レーザートラッカーは、オプションの6Probeを介して6DoF測定機能を最大化し、隠れた領域や僅かなフィーチャーの正確な測定を可能にする。

FAROについての詳細な情報は、www.faro.com を参照。

ソース:FARO

▽問い合わせ先
Mark Benhard
media@faro.com
+1 407-333-9911 x1269

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ