プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

LONGi Solar

LONGiの両面発電モジュールの出荷量が10GWを達成

AsiaNet 86773

【西安(中国)2020年11月23日PR Newswire】
*低いLIDと高効率も備えた両面発電

LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.(以下「LONGi」)は、このたび、両面発電タイプの太陽電池モジュール(太陽光発電パネル)の累計の出荷量が10GWに達し、また生産量も2020年末までには12GWに達する見込みとなりました。

両面発電モジュールは現在、モジュールの技術進歩の中で一層成熟した技術の1つになりました。製品自体の低いLID(Light induced degradation、光誘起出力低下)と高い変換効率の恩恵もあり、現在、太陽光発電(PV)業界を席巻する最新のトレンドになっており、そして近いうちに標準的な技術となると思われます。LONGiは2017年、両面発電モジュール「Hi-MO 2」でこの技術をいち早く推進するモジュールメーカーの1つとなりました。翌、2018年にハーフカットセル技術と両面発電セルを搭載した「Hi-MO 3」が発売され、更に、2019年には両面発電モジュールが広く普及し、166mm新規格ウェハを採用した高出力「Hi-MO 4」モジュールがPV市場の破壊的プレーヤーとなりました。グリッドパリティ時代が近づく中、今年(2020年)は更なる新製品「Hi-MO 5」両面発電モジュールが発売され、世界中の公共事業規模の太陽光発電所に提供されています。

▽真の価値を提供するグローバルアプリケーション

LONGiは技術革新への強いコミットメントにより、2017年にPERC技術をベースとした両面発電モジュールの量産を成し遂げ、中国の「トップランナープログラム」に採用されました。

同社の両面発電モジュールは、エジプト・アスワンの390MW太陽光発電所のプロジェクトから、米ジョージア州の224MW発電所まで、世界中で幅広く導入されています。

LONGiの調査によると、両面発電モジュールの市場シェアは拡大が見込まれています。生産量が増える(つまり、利用可能なデータが増え、設計が改善される)と、両面発電モジュールの裏面側の生産で生じる追加コストは、平準化発電原価(LCOE)の低下と収益性の向上により相殺できます。

▽全く新しいHi-MO 5による未来への再生

新設されたセルとモジュールの生産ラインを利用して、Hi-MO 5モジュール(M10規格ウェハ)は2020年6月にデビューしました。この新シリーズの高出力モジュールは、超大型の太陽光発電所向けに開発されており、最大出力は540W、変換効率は21.1%で、性能と長期信頼性の両方を実現しています。

両面発電パネルの出荷量が10GWの節目を迎えたLONGiは、今後もLCOEを引き下げてお客様に提供し、より希望が溢れるPV業界の将来を創造していきたいと考えております。

ソース:LONGi Solar

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ